ルーミーで以前インタビューをさせてもらった、岐阜県大垣市に拠点を構える設計事務所TAB

TABのものづくりのキーワードは「DIY」で、3Dプリンターやレーザーカッターなどのデジタルファブリケーション機材を積極的に活用し、完成後もそれぞれがDIYして手を加えられる家具を制作しています。

そんなTABが、東京・赤坂にあるファブリケーション機器を備えた施設Techshopで、11月5日(土)、6日(日)に1Dayの家具作りワークショップを開催します。

岐阜の設計事務所TABが東京・赤坂でDIYワークショップを開催します。脚の色を選べる、植物などを置く台としても活用できるミニスツール「mini stool」とスキーヤーのように前傾姿勢になっているので、サイドテーブルとして便利な「Sofa Table」を作ります。参加費は、スツール:7,500円(税抜)、ソファーテーブル:10,500円(税抜)です。

今回ワークショップで制作するのはmachi-ya(マチヤ)で販売中のミニスツール「Trapezoid mini stool」と、このワークショップのためにデザインされたソファテーブル「Sofa Table」の2種類。

TABは、安くて誰でも手に入りやすい素材でものづくりをしていて、今回はどちらもベニヤと角材を使用しています。

岐阜の設計事務所TABが東京・赤坂でDIYワークショップを開催します。脚の色を選べる、植物などを置く台としても活用できるミニスツール「mini stool」とスキーヤーのように前傾姿勢になっているので、サイドテーブルとして便利な「Sofa Table」を作ります。
岐阜の設計事務所TABが東京・赤坂でDIYワークショップを開催します。脚の色を選べる、植物などを置く台としても活用できるミニスツール「mini stool」とスキーヤーのように前傾姿勢になっているので、サイドテーブルとして便利な「Sofa Table」を作ります。

脚の色を選べる「mini stool」は、玄関に置いたり、植物やちょっとしたものを置く台として活用できます。今回は赤、水色、アップルグリーンの3色です。

「Sofa Table」は、脚が少し斜めになっていて、ソファのシートに干渉しないデザイン。サイドテーブルとして便利ですね。

岐阜の設計事務所TABが東京・赤坂でDIYワークショップを開催します。脚の色を選べる、植物などを置く台としても活用できるミニスツール「mini stool」とスキーヤーのように前傾姿勢になっているので、サイドテーブルとして便利な「Sofa Table」を作ります。木材はあらかじめデジタルファブリケーション機器でカットされています。
岐阜の設計事務所TABが東京・赤坂でDIYワークショップを開催します。脚の色を選べる、植物などを置く台としても活用できるミニスツール「mini stool」とスキーヤーのように前傾姿勢になっているので、サイドテーブルとして便利な「Sofa Table」を作ります。今回カットについて掘り下げて、丁寧に教えてくれるのです。

東京にはファブリケーション機器を備えた施設がたくさんありますが、ものづくり経験のない人が家具をDIYするとなると、敷居が高くて手を出しづらいかもしれません。

でも今回は、初めてDIYにトライする初心者も楽しめるので、ご安心を。

木材はあらかじめデジタルファブリケーション機器でカットされたパーツになっていて、やすりをかけたり、脚に色を塗って、木工用ボンドとインパクトドライバーで組み立てていきます。電動工具を扱ったことがない方でも、まったく問題ないそうです。

「どのようにデザインデータを作成するのか」「ワークショップで使用するパーツがどのような機器で実際に切り出されているか」など、これまでのスツールワークショップでは扱ってこなかった、デザインする際のプロセスや実際のプロダクト制作の方法について、今回のワークショップでは積極的に公開します(TAB 冨田太基さん)

岐阜の設計事務所TABが東京・赤坂でDIYワークショップを開催します。脚の色を選べる、植物などを置く台としても活用できるミニスツール「mini stool」とスキーヤーのように前傾姿勢になっているので、サイドテーブルとして便利な「Sofa Table」を作ります。デザインや構造の意図などを直接デザイナーに聞けますね。
岐阜の設計事務所TABが東京・赤坂でDIYワークショップを開催します。脚の色を選べる、植物などを置く台としても活用できるミニスツール「mini stool」とスキーヤーのように前傾姿勢になっているので、サイドテーブルとして便利な「Sofa Table」を作ります。木材に塗装したり(今回は赤、水色、アップルグリーンの3色の予定)、磨きをかけたりして、自由にDIYを楽しめます。
岐阜の設計事務所TABが東京・赤坂でDIYワークショップを開催します。脚の色を選べる、植物などを置く台としても活用できるミニスツール「mini stool」とスキーヤーのように前傾姿勢になっているので、サイドテーブルとして便利な「Sofa Table」を作ります。参加費は、スツール:7,500円(税抜)、ソファーテーブル:10,500円(税抜)です。

しかも、ものづくりが始められる場所であるTechshopで行うので、このワークショップに参加したことで「何かを自分で作り始めたい」と感じた人も、すぐに次の制作に取りかかれそうです。

プロダクトをただ売るのではなく、デザイナーと制作の時間を共有しながら作る体験によって、自分でもデザインして作ってみようかなと思う方々を増やすきっかけになればと考えています。

ワークショップに参加すれば、新たにデザイナー側からの視点で、それぞれの家具が持つ特性を体感的に感じることができますよ(TAB 冨田太基さん)

自由にDIYを楽しめるワークショップ、参加費はスツール:7,500円(税抜)、ソファーテーブル:10,500円(税抜)。両方のワークショップに参加すると、それぞれ1,500円(税別)の値引きがあります。どちらも欲しい人は、両方参加するのが得ですね。

スツールワークショップソファーテーブルワークショップ [Peatix]

写真提供:TAB

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense