SHARE

ドレッシングやソースなど野菜を楽しむものはいろいろありますが、今回は寒くなってきたこの季節にピッタリな、温野菜をより楽しめる「アリゴ」のレシピを紹介します。

「アリゴ」とはフランスのジャガイモ料理のこと。とにかくすごく伸びるから見た目も楽しめて、味もしっかりしているので、野菜と合わせるのにぴったり。


『もっちり伸びるアリゴのレシピ』

材料

この季節にピッタリ、温野菜をより楽しめる「アリゴ」のレシピを紹介します。「アリゴ」とはフランスのジャガイモ料理のこと。とにかくすごく伸びるから見た目も楽しめて、味もしっかりしておいしいので、野菜と合わせれば、たくさん食べることができます。ジャガイモ、モッツァレラチーズ、ピザ用チーズ、牛乳、ニンニク、バターを用意します。

ジャガイモ(2個)
モッツァレラチーズ(50g)
ピザ用チーズ(50g)
・牛乳(50cc)
・ニンニク(1片)
・バター(10g程度)


作り方

STEP1

この季節にピッタリ、温野菜をより楽しめる「アリゴ」のレシピを紹介します。「アリゴ」とはフランスのジャガイモ料理のこと。とにかくすごく伸びるから見た目も楽しめて、味もしっかりしておいしいので、野菜と合わせれば、たくさん食べることができます。ジャガイモは皮をむいてざく切りに。
この季節にピッタリ、温野菜をより楽しめる「アリゴ」のレシピを紹介します。「アリゴ」とはフランスのジャガイモ料理のこと。とにかくすごく伸びるから見た目も楽しめて、味もしっかりしておいしいので、野菜と合わせれば、たくさん食べることができます。ラップをして電子レンジで加熱し、火が通ったらボウルに移してよくつぶします。

ジャガイモは皮をむいてざく切りし、ラップをして電子レンジで4~5分加熱して、竹串で中に火が通っているか確認する。火が通ったらボウルに移してよくつぶしておく。


STEP2

この季節にピッタリ、温野菜をより楽しめる「アリゴ」のレシピを紹介します。「アリゴ」とはフランスのジャガイモ料理のこと。とにかくすごく伸びるから見た目も楽しめて、味もしっかりしておいしいので、野菜と合わせれば、たくさん食べることができます。中火のフライパンにバターとすりつぶしたニンニクを入れる。

中火にしたフライパンにバターとすりつぶしたニンニクを入れる。


STEP3

この季節にピッタリ、温野菜をより楽しめる「アリゴ」のレシピを紹介します。「アリゴ」とはフランスのジャガイモ料理のこと。とにかくすごく伸びるから見た目も楽しめて、味もしっかりしておいしいので、野菜と合わせれば、たくさん食べることができます。刻んだモッツァレラチーズとピザ用チーズを入れてよく溶かす。

刻んだモッツァレラチーズとピザ用チーズを入れてよく溶かす。


STEP4

この季節にピッタリ、温野菜をより楽しめる「アリゴ」のレシピを紹介します。「アリゴ」とはフランスのジャガイモ料理のこと。とにかくすごく伸びるから見た目も楽しめて、味もしっかりしておいしいので、野菜と合わせれば、たくさん食べることができます。STEP1でつぶしたジャガイモを入れて練るように混ぜる。
この季節にピッタリ、温野菜をより楽しめる「アリゴ」のレシピを紹介します。「アリゴ」とはフランスのジャガイモ料理のこと。とにかくすごく伸びるから見た目も楽しめて、味もしっかりしておいしいので、野菜と合わせれば、たくさん食べることができます。加熱したジャガイモをよくつぶすことで、口あたりがなめらかなアリゴに仕上がります。

STEP1でつぶしたジャガイモを入れて練るように混ぜる。全体がよく混ざったら別容器に移して完成。


ワンポイントアドバイス

・加熱したジャガイモをよくつぶすことで、口あたりがなめらかなアリゴに仕上がります。
・こし器を使うとよりなめらかになります。

この季節にピッタリ、温野菜をより楽しめる「アリゴ」のレシピを紹介します。「アリゴ」とはフランスのジャガイモ料理のこと。とにかくすごく伸びるから見た目も楽しめて、味もしっかりしておいしいので、野菜と合わせれば、たくさん食べることができます。アリゴは温野菜にもピッタリ合いますが肉料理にもよく合います。

アリゴは温野菜にピッタリですが肉料理にもよく合います

体が温まる料理なので、寒くなるこれからの季節に最適。ウィンタースポーツやアウトドアの後に、作って食べてみてはいかがでしょうか。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense