齊藤 甚

齊藤 甚

21

朝早く起きて時間を有効活用する朝活。おいしい朝食を食べて、心と体の朝活準備を始めませんか。

今回はシンプルな素材で簡単に作れて、朝食にぴったりな「コーンフリッター」のレシピを紹介します。


『簡単に作れる、コーンいっぱいのフリッター』

材料

おいしい朝食を食べて、心と体の朝活準備を始めませんか。シンプルな素材で簡単に作れて、朝食にぴったりな「コーンフリッター」のレシピを紹介します。ボウルに卵、コーン、塩、みじん切りにした玉ねぎ、パセリ、小麦粉をかき混ぜて焼くだけの簡単レシピ。1

・卵(1個)
・コーン缶(1缶、410gほど)
・小麦粉(1カップと1/2)
・塩(小さじ1/2)
・玉ねぎ(1/4個)
・パセリ(少々)


作り方

STEP1

おいしい朝食を食べて、心と体の朝活準備を始めませんか。シンプルな素材で簡単に作れて、朝食にぴったりな「コーンフリッター」のレシピを紹介します。ボウルに卵、コーン、塩、みじん切りにした玉ねぎ、パセリ、小麦粉をかき混ぜて焼くだけの簡単レシピ。2

ボウルに卵、コーン、塩、みじん切りにした玉ねぎ、パセリを入れ、かき混ぜる。


STEP2

おいしい朝食を食べて、心と体の朝活準備を始めませんか。シンプルな素材で簡単に作れて、朝食にぴったりな「コーンフリッター」のレシピを紹介します。ボウルに卵、コーン、塩、みじん切りにした玉ねぎ、パセリ、小麦粉をかき混ぜて焼くだけの簡単レシピ。3

小麦粉を入れ、さらにかき混ぜる。


STEP3

おいしい朝食を食べて、心と体の朝活準備を始めませんか。シンプルな素材で簡単に作れて、朝食にぴったりな「コーンフリッター」のレシピを紹介します。ボウルに卵、コーン、塩、みじん切りにした玉ねぎ、パセリ、小麦粉をかき混ぜて焼くだけの簡単レシピ。4

中火に熱したフライパンに油を敷き、生地を流す。両面がキツネ色になるまで焼いたら、完成。


ワンポイントアドバイス

・材料を混ぜてみて、粉っぽさが気になるならまたは牛乳を少し入れるとなめらかになります。
・生地をフライパンで焼くときは、フライ返しで両面をちょっと押すとこんがり焼けます。

おいしい朝食を食べて、心と体の朝活準備を始めませんか。シンプルな素材で簡単に作れて、朝食にぴったりな「コーンフリッター」のレシピを紹介します。ボウルに卵、コーン、塩、みじん切りにした玉ねぎ、パセリ、小麦粉をかき混ぜて焼くだけの簡単レシピ。5

コーンフリッターの付け合わせには、ピリッと辛いサルサやカリカリのベーコン、黄身がとろける目玉焼きなど、どれもぴったりです。

楽しく元気になる朝食を作って、いい朝活をスタートさせてみてはいかがでしょう。

齊藤 甚

農業/1981年生まれ。北海道出身。現在実家のイチゴとメロン農業を経営しつつ料理、写真、旅行、アウトドア、DIY、アート活動など幅広く趣味と人生を堪能中。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking