160926_JALO1

SHARE

全国で火災警報器の設置が義務づけられて10年。そろそろ交換時期にきているのではないでしょうか。

北欧・フィンランドのメーカー「JALO HELSINKI」で見つけた、一歩先行くデザインのスモークアラーム(煙感知器)を紹介します。

北欧・フィンランドのメーカー「JALO HELSINKI」で見つけた、一歩先行くデザインのスモークアラーム(火災警報器、煙感知器)。Harri KoskinenさんがデザインしたKUPU、Ivana Helsinkiのデザイナー・Paola SuhonenさんがデザインしたLENTO。2
北欧・フィンランドのメーカー「JALO HELSINKI」で見つけた、一歩先行くデザインのスモークアラーム(火災警報器、煙感知器)。Harri KoskinenさんがデザインしたKUPU、Ivana Helsinkiのデザイナー・Paola SuhonenさんがデザインしたLENTO。3
北欧・フィンランドのメーカー「JALO HELSINKI」で見つけた、一歩先行くデザインのスモークアラーム(火災警報器、煙感知器)。Harri KoskinenさんがデザインしたKUPU、Ivana Helsinkiのデザイナー・Paola SuhonenさんがデザインしたLENTO。4

無印良品やittalaにもデザイン提供をしているデザイナーのHarri Koskinenさんがデザインした「KUPU」は、ごくシンプルな形で、インテリアと溶け込むようにデザインされています。ファブリックで覆われているので、優しい質感なのもいいですね。

メタルタイプは、コンクリートの壁に似合いそうです。大きさは約11cm、価格は29.95ユーロ(約3,400円)。

北欧・フィンランドのメーカー「JALO HELSINKI」で見つけた、一歩先行くデザインのスモークアラーム(火災警報器、煙感知器)。Harri KoskinenさんがデザインしたKUPU、Ivana Helsinkiのデザイナー・Paola SuhonenさんがデザインしたLENTO。6
北欧・フィンランドのメーカー「JALO HELSINKI」で見つけた、一歩先行くデザインのスモークアラーム(火災警報器、煙感知器)。Harri KoskinenさんがデザインしたKUPU、Ivana Helsinkiのデザイナー・Paola SuhonenさんがデザインしたLENTO。9

ファッションブランドIvana HelsinkiのデザイナーであるPaola Suhonenさんがデザインした「LENTO」は、大きな蛾みたいでちょっとドキっとしますね。

もうこの形からして奇抜ですが、それでいてスタイリッシュ。

大きさは約19cm、価格は34.95ユーロ(約4,000円)です。

北欧・フィンランドのメーカー「JALO HELSINKI」で見つけた、一歩先行くデザインのスモークアラーム(火災警報器、煙感知器)。Harri KoskinenさんがデザインしたKUPU、Ivana Helsinkiのデザイナー・Paola SuhonenさんがデザインしたLENTO。5

家中の火災警報器をこれにしたいところですが、日本火災報知機工業会では、設置するものは日本消防検定協会の検査合格品NSマークの付いたものが安心と言っています。

こちらは海外製品なので、日本独自のNSマークはありませんが、EUでの火災警報器基準は満たしていますよ。

音は85デシベル(日本の住宅用の基準は70デシベル以上)なので、その点においても合格ではないでしょうか。

熱式感知器をすでに設置している部屋にも、煙式のものもあると安心です。

JALO HELSINKI

160926_JALO1

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense