コンセントにつないでおく事で電力の消費量をモニターできるアイテムに「家族の安否」を知らせてくれる機能がつきました。大掛かりな装置は必要なく、スマホと連動するだけのIoTプロダクトです。3

兄弟メディアのギズモード・ジャパンより転載:

プライバシーを守って見守れます。

パワーエレックが発表したのは、コンセントに差すことで家電の消費電力をモニタリングできるコンセントアダプタ。テレビやコタツ、扇風機、電子ジャーなど、さまざまな家電の消費電力を24時間監視できます。

名前は「見守りコンセントWiFi-Plug」。

そう、このコンセントを利用することで、消費電力モニタリングを通じて遠隔地の家族の安否を確認できるのです。

「見守りコンセントWiFi-Plug」をコンセントに差し込んだ様子

コンセントにつないでおく事で電力の消費量をモニターできるアイテムに「家族の安否」を知らせてくれる機能がつきました。大掛かりな装置は必要なく、スマホと連動するだけのIoTプロダクトです。1

コンセントはWi-Fi中継器を兼ねており、インターネットへの接続は家庭内にあるWi-Fi無線ルーターを利用します。すでに自宅にインターネットが引かれていることが条件となりますが、カメラで監視するのとはまた違う、プライバシーに配慮して見守るといったスタイルが実現できます。

コンセントにつないでおく事で電力の消費量をモニターできるアイテムに「家族の安否」を知らせてくれる機能がつきました。大掛かりな装置は必要なく、スマホと連動するだけのIoTプロダクトです。2

「見守りコンセントWiFi-Plug」のスマホアプリ画面

モニタリングのデータはクラウドサーバーでデータを解析され、もし、不自然な電力使用パターン(長時間ON/OFFなど)を検知した場合は、親族へプッシュ通知とメールでお知らせが届きます。手持ちのスマホなどではリアルタイムでの消費電力をチェックできるので、「あ、今は家にいるな」「元気そうだな」といったこともわかるようです。

また、異常電力を検知した時には電気を緊急遮断したり、大電力の連続使用が続いた場合はメールで通知が届くなど、電気事故への備えもあり、不慮の電気事故を未然に防ぐ効果も。

それにしても、消費電力のモニタリングをこういったしくみに応用するというのは、アイデアの勝利ですね。

同様のサービスとしては、電源オンや給湯を遠隔地の家族へお知らせしてくれる象印の電気ポット「みまもりホットライン」がありますが、毎日お茶を飲む習慣が無くても見守れるのがこちらのメリット。

本体価格は9,590円。月額利用料は360円となっています。

パワーエレック[公式オンラインストア]
text by 小暮ひさのり

コンセントにつないでおく事で電力の消費量をモニターできるアイテムに「家族の安否」を知らせてくれる機能がつきました。大掛かりな装置は必要なく、スマホと連動するだけのIoTプロダクトです。3

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense