スマホアプリを使って、焦げ目でメッセージを描けるトースター「Toasteroid」のご紹介。IoT時代には、トースターもスマホと連動するんですね。パンを2枚までセット可能で、そこに1枚ずつ別々の絵を書くことができます。7

SHARE

32歳独身1人暮らし

節約のためにランチ用のサンドウィッチを毎朝作っている。数年来この習慣を続けているけど、飽きてきた。オレにはもう弁当を作る気力がないのかもしれない……。

夏バテも手伝って、弁当作りのヤル気が失われているアナタに朗報です。モチベーションを維持できるかもしれない調理器具が、クラウドファンディングサイトKickstarterに登場しています。

スマホアプリを使って、焦げ目でメッセージを描けるトースター「Toasteroid」のご紹介。IoT時代には、トースターもスマホと連動するんですね。パンを2枚までセット可能で、そこに1枚ずつ別々の絵を書くことができます1。top

その名も「Toasteroid」。スマホを使ってパンに模様やメッセージを描けるトースターです。

トースターにはドット状のヒーターが内臓されており、スマホアプリ上で絵を描くことによって、パンにその通りの焦げ目がつく、という仕組み。

パンを2枚セットして、別々の模様を描くことも可能です。

スマホアプリを使って、焦げ目でメッセージを描けるトースター「Toasteroid」のご紹介。IoT時代には、トースターもスマホと連動するんですね。パンを2枚までセット可能で、そこに1枚ずつ別々の絵を書くことができます2

この機能を使えば、毎日サンドウィッチに力強いメッセージを書くことが可能になります。

朝の自分から、昼の自分に届くメッセージ。時空を超えたSFロマンがあふれますね。

スマホアプリを使って、焦げ目でメッセージを描けるトースター「Toasteroid」のご紹介。IoT時代には、トースターもスマホと連動するんですね。パンを2枚までセット可能で、そこに1枚ずつ別々の絵を書くことができます。3

天気予報やメッセージを描くことも可能ですよ。

自分へのメッセージがネタ切れを起こしてしまったら、大切な友達に考えてもらえばオッケーです。

スマホアプリを使って、焦げ目でメッセージを描けるトースター「Toasteroid」のご紹介。IoT時代には、トースターもスマホと連動するんですね。パンを2枚までセット可能で、そこに1枚ずつ別々の絵を書くことができます。4

ポップで楽しい機能とは裏腹に、デザインはいたってスマート。モダンなインテリアにもしっくりなじみます。

現在Kickstarterで資金調達中。85USドルで「Toasteroid」を購入できる権利が付与されます。

ちなみに2枚セットされたパンの片方だけに絵を描ける「Toasteroid Mini」なんてものもあり、こちらはもう少し安めの59USドル。

道具を充実させると急にヤル気が出てきたりするものです。気になった方はキャンペーンページをのぞいて見てください。

Toasteroid[Kickstarter]

スマホアプリを使って、焦げ目でメッセージを描けるトースター「Toasteroid」のご紹介。IoT時代には、トースターもスマホと連動するんですね。パンを2枚までセット可能で、そこに1枚ずつ別々の絵を書くことができます。7

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense