160810mori

SHARE

日本の素足の生活様式に合わせたじゅうたんを、独自に作り続けてきた山形緞通

昭和10年、中国から招いた技術者から、シルクロードを渡った織物の技術を習得しました。

おしゃれでかっこいい山形緞通と、建築家・隈研吾のコラボしてデザインしたじゅうたんやラグ_1

紡ぎ(糸準備)

足もとからのおもてなし」の気持ちを伝え続けるじゅうたん作りの工程は、糸づくりから染め、織り、アフターケアまで、すべて一貫生産で作られ、1つ1つに職人の技術と思いが込められています。

原料の羊毛は、服飾品に使われるものより硬くしっかりした、主にイギリスやニュージーランド産のものを使用。剛直毛、弾性、柔軟性に分類し、製品に合わせてブレンドした羊毛を選びます。

おしゃれでかっこいい山形緞通と、建築家・隈研吾のコラボしてデザインしたじゅうたんやラグ_2

手織り(ており)

おしゃれでかっこいい山形緞通と、建築家・隈研吾のコラボしてデザインしたじゅうたんやラグ_3
手刺(てさし)

色の調合・試験染め、本染めをしたあと、熟練した織り手による「手織(ており)」、または「手刺(てさし)」による工程になります。

どんなに熟練の織り手でも、1日に織り上げられる長さはなんと7cm程度。

おしゃれでかっこいい山形緞通と、建築家・隈研吾のコラボしてデザインしたじゅうたんやラグ_4

カービング

床に広げ、表面を均等にカットしていく「シャーリング(表面仕上げ)」を終えると、図柄に奥行きやアクセントをつけるための立体カット「カービング(浮彫り)」を行います。

模様の輪郭を浮き出たせたり、立体感を出すための加工で、1つの電動バサミを自在に操る高い技術が必要です。

おしゃれでかっこいい山形緞通と、建築家・隈研吾のコラボしてデザインしたじゅうたんやラグ_5

マーセライズ(艶出し加工)

そして、山形緞通ならではの特殊技術であり、最も大きな特徴である「マーセライズ(艶出し加工)」。

じゅうたんを、独自に開発した特殊な液に浸して丁寧にブラッシングすることで、繊維を柔らかくし、艶やかさと風合いを生みます。

おしゃれでかっこいい山形緞通と、建築家・隈研吾のコラボしてデザインしたじゅうたんやラグ_6
おしゃれでかっこいい山形緞通と、建築家・隈研吾のコラボしてデザインしたじゅうたんやラグ_7
おしゃれでかっこいい山形緞通と、建築家・隈研吾のコラボしてデザインしたじゅうたんやラグ_8

山形緞通では、4つのデザインラインを展開しています。

“自然を取り込む”をコンセプトに、日本の古典を題材にした古典ライン、和洋どちらの空間にもマッチする新古典ライン、自然が作り出す空をグラデーションで表現した現代ライン、そして著名なデザイナーとのコラボレーションで生まれたデザイナーライン

おしゃれでかっこいい山形緞通と、建築家・隈研吾のコラボしてデザインしたじゅうたんやラグ_9

デザイナーラインの1つに、世界的建築家の隈研吾氏によるじゅうたんシリーズ。

森の樹木が繁り立つ自然の豊かさを表現した「MORI」は、まるで豊かな森の中を歩いているような感覚を、足元から感じることができます。

おしゃれでかっこいい山形緞通と、建築家・隈研吾のコラボしてデザインしたじゅうたんやラグ_10
おしゃれでかっこいい山形緞通と、建築家・隈研吾のコラボしてデザインしたじゅうたんやラグ_11

苔の質感を、糸の質感や毛足の長さで表現した「KOKE」。

色合いが絶妙な苔が一面に広がるカーペットは、色をなぞるだけでも楽しいですね。

おしゃれでかっこいい山形緞通と、建築家・隈研吾のコラボしてデザインしたじゅうたんやラグ_12

枯山水を表現した「ISHI」は、白砂の波紋と流れるような曲線が、日本庭園を思い出させます。



素足の生活様式に合わせて丁寧に織り上げた1枚のじゅうたんが、暮らしをより心地よくし、「足もとからおもてなし」してくれることでしょう。

デザイナーライン山形緞通

160810mori

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense