私たち日本人にとって馴染み深い折り紙が、遠い南アフリカのケープタウンにて、1人の男性を魅了しました。

折り紙アーティスト、Ross Symonsさんが彼が毎日製作する、動物モチーフやキャラクターの折り紙が話題を呼んでいます。

小さくてあたたかみがある折り紙は、アートであると同時にインテリアにもなるんです。

例えば、鶴。

Rossさんの手にかかれば、風を感じられる、動きがあるデコレーションに。

鶴とユニコーンの共演。

インテリアにポップなアクセントを加えます。

キーボードサイズの小さなうさぎ。

ちいさな子どもに作ってあげたい可愛さだけど、簡単に作れるのかな……?

フクロウ。

昼間は寝ているので、起こさないように。

折り紙を使ったストップモーションも。

ストップモーションでは、1枚の紙から生まれる動物たちの動きが、短編映像で楽しめます。

折り紙ならではのぬくもりに懐かしさを覚えるのは、日本人だからでしょうか。

先ほどキーボードの上にいたうさぎが、元気に飛び跳ねます。

こんなフォトグラフィーもありました。

鳥の折り紙ですが、本当に空を飛んでいるように見えませんか?

Rossさんは愛らしい動物モチーフの折り紙を通して、動物保護のメッセージも発信しています。

1枚の紙と人間の手から生まれる作品に込められたメッセージ。インテリアを「ストーリーで選んでみる」なんてどうでしょうか。

ほかにも『トトロ』の折り紙なんかもあるので、ぜひ彼のインンスタグラムをチェックしてみてください。

@white_onrice [Instagram]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense