SHARE

以前ご紹介したカセットテープ型のコーヒーテーブルのブランドから、またまた気になるコーヒーテーブルを発見。

う〜ん、でもはたしてこの上で、落ち着いてコーヒーが飲めるでしょうか……。

スター・ウォーズのR2-D2とドロイドR5-D4とC3-POがおもしろいコーヒーテーブルとピンボールマシンになった_1
スター・ウォーズのR2-D2とドロイドR5-D4とC3-POがおもしろいコーヒーテーブルとピンボールマシンになった_2

The Red Droid Interactive Coffee Table

大好きな『スター・ウォーズ』仕様の上、テーブルの中身がピンボールマシンのコーヒーテーブルなんですから!

エピソード4に出てくるドロイドR5-D4

ちょこっとしか出演(?)していないですが、ルーク・スカイウォーカーにR2-D2を買わせるきっかけを作った、いわば立役者なんですよね。

この子にまつわるエピソードはなんとも哀愁があり、デザイナーはR5-D4を讃えるために作ったそうです。

スター・ウォーズのR2-D2とドロイドR5-D4とC3-POがおもしろいコーヒーテーブルとピンボールマシンになった_3
スター・ウォーズのR2-D2とドロイドR5-D4とC3-POがおもしろいコーヒーテーブルとピンボールマシンになった_4

The Droid Interactive Coffee Table

R2-D2は、歩いてるような脚がかわいくて、臨場感があります。

スター・ウォーズの世界観と、ピンボールのアナログな雰囲気がマッチしたコーヒーテーブル、いずれも7,821ユーロ、日本円で9万円ほどです。

スター・ウォーズのR2-D2とドロイドR5-D4とC3-POがおもしろいコーヒーテーブルとピンボールマシンになった_5
スター・ウォーズのR2-D2とドロイドR5-D4とC3-POがおもしろいコーヒーテーブルとピンボールマシンになった_6
スター・ウォーズのR2-D2とドロイドR5-D4とC3-POがおもしろいコーヒーテーブルとピンボールマシンになった_7
スター・ウォーズのR2-D2とドロイドR5-D4とC3-POがおもしろいコーヒーテーブルとピンボールマシンになった_8

R2PO Pinball Coffee Table

R2-D2とC3-POをフュージョンした豪華版、その名もR2PO。

黄金に輝く本体が豪華で、値段もぐっと高くなり約16万円。

暗闇でLEDがネオンのように光り、コーヒーテーブルが1つの宇宙船のように見える動画もあります。

1977年の映画『未知との遭遇』のコーヒーテーブルKodály Method Interactive Coffee Tableもあるんですよ。

SF好きにはたまらないですね。

THE DROIDS [ALTAR]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense