ラクダの背中やぬいぐるみなど、やわらかそうで凸凹で丸っこいものって……触ってみたくなりませんか?

そんな願望を実現したような、ユニークなベッドがありました。

Stefanie Schisslerさんによる石ころを集めたようなおもしろくユニークでおしゃれでかわいいベッドKulle Daybed_1

デザイナーのStefanie Schisslerさんが製作した「Kulle Daybed」は、まるで石を集めて作ったような形。

表面の凸凹はなんとも触り心地がよさそうで、この上で寝転がってみたい気持ちになります。

凸凹の部分が頭や体のカーブにフィットしそうで、昼寝をするのにピッタリです。

Stefanie Schisslerさんによる石ころを集めたようなおもしろくユニークでおしゃれでかわいいベッドKulle Daybed_2
Stefanie Schisslerさんによる石ころを集めたようなおもしろくユニークでおしゃれでかわいいベッドKulle Daybed_3

家具に”触れる感覚”を大切にして製作された、触って座って見て楽しめるソファ。凸凹に触れることで、家具への親しみが生まれるように設計されているとのこと。

「Kulle Daybed」は、Stefanieさんが大学のプロジェクトで製作したもので、残念ながら現在製品化はされていないそうですが、ぜひここでゴロゴロしてみたいです。

Stefanie Schissler
Like Sleeping on a cloud [design milk]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense