160620roomclip6

SHARE

部屋の写真を共有するソーシャルサービス「RoomClip」。読者からの投稿型で、いろいろな家づくりのアイディアが掲載されています。

今回は、RoomClipユーザーのeritoさんによる、飾り棚とワゴンを紹介します。

手軽につくれて、かつ便利。キャスター付きのワゴンか、キャスター無しの飾り棚か、用途によって使い分けられるのがいいですね。


『用途で使い分ける、飾り棚とワゴンのDIY』

用意するもの

RoomClipユーザがつくるDIY飾り棚とワゴンは、用途によって使い分けができて便利_1

カラーアングル(600mm×4本 30型 黒 )
木材1(1×4材 6枚 長さは作りたい長さで。今回は1000mm)
木材2(15×45×1,030mm 4本)
木材3(15×45×265mm 4本)
アングルキャップ
波釘
ネジ
ブライワックス(ジャコビアン)
サンダー(研磨用工具)


STEP1

RoomClipユーザがつくるDIY飾り棚とワゴンは、用途によって使い分けができて便利_2

サンダーを使って木材の表面を滑らかにし、ブライワックスを塗り込みます。


STEP2

RoomClipユーザがつくるDIY飾り棚とワゴンは、用途によって使い分けができて便利_3

木材1である1×4材の6枚中3本を、波釘で繋げます。


STEP3

RoomClipユーザがつくるDIY飾り棚とワゴンは、用途によって使い分けができて便利_4

STEP2で繋げた1×4材の周りを囲うように、木材2と3をネジで固定します。


STEP4

RoomClipユーザがつくるDIY飾り棚とワゴンは、用途によって使い分けができて便利_5

STEP3で作った棚になる部分を、カラーアングルにネジ留めして、完成です。


キャスター付きのものは、グリーン置き場に

RoomClipユーザがつくるDIY飾り棚とワゴンは、用途によって使い分けができて便利_6

eritoさんのリビング中央に2台置かれたシェルフ。左はソファの背に高さを合わせた設計。上段には雑貨を並べてディスプレイし、好きなアイテムがいつも目線に入るようにしました。

右はキャスターを付けてワゴンタイプに。サッと窓際に移動させられるので、グリーン置き場にしています。


チェックポイント

木材は、捻じれや反りがないものを選んでください。ネジ留めする前にネジ穴を開けておくと、スムーズにネジ留めでき、割れ防止にもなります。


eritoさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧ください!

eritoさんのインテリアを見てみる

見た目ヨシ!扱いやすさヨシ!のカラーアングルで作る男前収納 by eritoさんRoomClip mag
RoomClip

Photographed by eritoさん

160620roomclip6

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense