サボテンを枯らしてしまう人でもわかるほど簡単な、観葉植物を枯らさないための方法をご紹介します。水のあげ方、土選び、置き場所など、本格的なティップスであなたのグリーンを元気づけましょう1

SHARE

兄弟メディアのライフハッカー[日本版]より転載:

サボテンも、くたっとうなだれてしまうことがあります。知っていましたか?

著者は、サボテンを枯らしてしまうまで、知りませんでした。

植物によって、育て方の難易度は異なりますが、何を育てても枯らしてしまう、著者のようなタイプの場合、枯らさないでいられるのは、造花だけです(涙)。

そこで、今回は、そんな著者のようなタイプの方に、枯れてしまう理由と、枯らさない方法をお伝えします。


水やりのやり方が間違っている

植物を枯らしてしまう人は「何かが間違っている」と感じる瞬間を知っているはず。

植物がうなだれるようになり、黄色がかった茶色になります。これは、多くの場合、水をやりすぎているサインです。

でも、これは同時に水不足のサインでもあるそうです。

では、そのどちらなのか、どうすれば分かるのでしょうか? HomeGuidesとかんがいをおこなう企業Jainが挙げているポイントを下記にまとめました。

水やりのしすぎ

・茎の下の部分がつぶせそうなくらい、柔らかい
・葉の先が茶色になっている
・その植物全体に黄色い茶色があり、落ちてしまう
・表面から5センチ分の土が濡れている

水不足

・葉の端がカリカリで、茶色くなっている
・葉っぱが丸まり始めている
・下の葉っぱのほうが、葉っぱの形が悪い

サボテンを枯らしてしまう人でもわかるほど簡単な、観葉植物を枯らさないための方法をご紹介します。水のあげ方、土選び、置き場所など、本格的なティップスであなたのグリーンを元気づけましょう1

よく近づいて植物を観察してみると、水やりのしすぎか、水不足かが分かります。

水不足なら、解決策は簡単です。水をあげましょう!その助けになるテクノロジーもあります。

例えばWaterbug (iOS) やWaterbot (Android)などのアプリを使えば、植物のまわりの環境(時間、場所、日光を浴びる時間)を入れるだけで、それに基づいて水やりが必要なタイミングを教えてくれます。

100%確実なタイミングではないですが、もし、水やりがうまくできないなら、これらのアプリは自分の判断より信頼できるはずです。

また、室内の植物の土が乾いたときを教えることで、水やりのタイミングを教えてくれるハイドロファーム サースティーライトなどの道具を使うのも手です。


水やりをしすぎたときは、土から植物を出しましょう

ウェブサイトHomeGuidesの記事(英語)では、 順序立てて、すべきことを説明しています。

要約すると、水で柔らかくなったり、腐ったりした部分は切り落とし、違う鉢に移し替えましょう、とのことです。

排水について言うなら、多くの植物は充分な排水が必要です。もし、充分に排水できなければ、根腐れを起こします。鉢の下の穴だけでは不十分かもしれません。石や、トレーなどを使って水はけをよくしましょう。

よく言われているように、植物の足だけ濡れるようにして、足首は乾かしてあげましょう。


NEXT >> 悪いのは「置き場所」だった? 植物にとって一番快適な場所の解説

サボテンを枯らしてしまう人でもわかるほど簡単な、観葉植物を枯らさないための方法をご紹介します。水のあげ方、土選び、置き場所など、本格的なティップスであなたのグリーンを元気づけましょう1

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense