DIYや部屋の模様替えなど、生活の中で「長さを測る」機会ってけっこうあります。

そんなときにいつも苦戦するのが、曲面や片手で押さえきれないモノの計測。

なんど挑戦してもズレてしまったりして、フラストレーションがたまります。

多機能なメジャー「Bagel」は「ヒモ」「タイヤ」「レーザー」3つの機能でなんでも測る他、Bluetoothでスマホと連動するので、いちいちメモを取る必要もありません。これひとつあれば、大抵のことはカバーできるし、買い物に行くときも便利1

そんな悩みを解決してくれるのが、スマートメジャー「Bagel」です。

「Bagel」は、3つの方法で距離を測ります。

多機能なメジャー「Bagel」は「ヒモ」「タイヤ」「レーザー」3つの機能でなんでも測る他、Bluetoothでスマホと連動するので、いちいちメモを取る必要もありません。これひとつあれば、大抵のことはカバーできるし、買い物に行くときも便利2

1つ目は、通常の巻き尺のような「ストリング」。

通常のテープ状ではなく、ヒモ状になっており柔軟に使えます。最長3メートルまで計測可能。

多機能なメジャー「Bagel」は「ヒモ」「タイヤ」「レーザー」3つの機能でなんでも測る他、Bluetoothでスマホと連動するので、いちいちメモを取る必要もありません。これひとつあれば、大抵のことはカバーできるし、買い物に行くときも便利3
多機能なメジャー「Bagel」は「ヒモ」「タイヤ」「レーザー」3つの機能でなんでも測る他、Bluetoothでスマホと連動するので、いちいちメモを取る必要もありません。これひとつあれば、大抵のことはカバーできるし、買い物に行くときも便利4

2つ目は、メジャーを転がすだけで曲面が測れる「ホイール」。

ソファの背もたれの内周など、不安定なモノや場所の計測に便利です。最長10メートルまで計測可能。

多機能なメジャー「Bagel」は「ヒモ」「タイヤ」「レーザー」3つの機能でなんでも測る他、Bluetoothでスマホと連動するので、いちいちメモを取る必要もありません。これひとつあれば、大抵のことはカバーできるし、買い物に行くときも便利5

3つ目は、レーザーポインターで天井や壁などの手が届かないところを測れる「リモート」。

リモートモードを起動すると自動的にレーザーが点灯するので、それを対象に向けて照射。すると、自分がレーザーを照射したポイントからどれくらいの距離にいるのかを教えてくれます。

最長5メートルまで計測可能です。

多機能なメジャー「Bagel」は「ヒモ」「タイヤ」「レーザー」3つの機能でなんでも測る他、Bluetoothでスマホと連動するので、いちいちメモを取る必要もありません。これひとつあれば、大抵のことはカバーできるし、買い物に行くときも便利6

この3つの機能だけで十分なのに、さらに便利な機能が。それは「データの保存」と「スマホとの連動」です。

計測したデータは「Bagel」の画面にデジタル表示されますが、画面横のボタンを押すだけで、そのデータを保存できます。

タイトルや、計測した日付も記録できるので「せっかく測ったのに忘れちゃった」なんてことがあっても、もう再計測する必要はありません。

多機能なメジャー「Bagel」は「ヒモ」「タイヤ」「レーザー」3つの機能でなんでも測る他、Bluetoothでスマホと連動するので、いちいちメモを取る必要もありません。これひとつあれば、大抵のことはカバーできるし、買い物に行くときも便利7
多機能なメジャー「Bagel」は「ヒモ」「タイヤ」「レーザー」3つの機能でなんでも測る他、Bluetoothでスマホと連動するので、いちいちメモを取る必要もありません。これひとつあれば、大抵のことはカバーできるし、買い物に行くときも便利8

タイトルはハンズフリーで、音声入力します。

しかもBluetoothを介せば、スマホにデータを共有できるんです。これは便利!

「Bagel」はクラウドファンディングkickstarterですでに資金調達に成功していて、2016年11月に出荷を開始する予定。

いま残っているプランの中で最も安いのが69USドル。「Bagel」をひとつ購入できます。

画期的にスマートなメジャーを相棒に、色々なものを測りつくしてみませんか?

気になった方は、プロダクトページをチェックしてみてください。

Bagel[Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense