160715_paperholder2

SHARE

DIYアドバイザーのホンマエミです。

外国のWebサイトで見た配管を使ったペーパーホルダーがとてもかっこいい!

けど、ちょっと難易度が高そうな印象です……。

そこで、材料さえ揃えればビギナーにも簡単な、組み立たてるだけのDIYをご紹介します。


『組み立てるだけ! 配管ペーパーホルダーのDIY』

参考にしたDIY

160720diy1

今回参考にしたのは、Etsyで販売されていたペーパーホルダー

日本には発送していないとのことで、なおさらDIYし甲斐がありますね。


用意するもの

160715_paperholder5

黒ねじ込みフランジ 5K(1個 税込409円 上段左)
フランジ付き六角タッピンねじ 1種 ユニクロ 8×25(4個 20pcsで税込756円 上段真ん中)
キャップ (1本 税込280円 中段左)
黒両ネジ長ニップル14cm(1本 税込502円 中段真ん中)
エルボ (1本 税込139円 中段右)
黒両ネジ長ニップル57.5cm(1本 税込1,539円 下段)
お好みにペイントした板(1枚 今回はカナヅチなどで傷を付けてからワトコオイルを塗ったものを使用)


STEP1

160715_paperholder3

六角タッピンねじを、他の部品の色に合わせて、黒めにペイントします。鉄にも塗れるラッカー塗料が便利ですよ。

そのネジでフランジを板に取り付けます。取り付ける配管はまっすぐではないので、重心を保つために、フランジは板の端に取り付けましょう。


STEP2

160715_paperholder4

その他の部品を組み立てます。ねじ込み式なので接着剤などは必要なしです。


STEP3

160715_paperholder1

STEP2で組み立てたものをフランジに取り付けたら、でき上がり。


オススメのオプション

160715_paperholder2

鉄なので、状態によっては手が黒くなったり、サビつくのでは……と心配なら、透明のラッカーを全体にスプレーして仕上げると、よりパーフェクト! 塗料でコーティングすればその心配がなくなります。

また、チーズというT字の部品を使って2段にしてもいいですよね。

壁に穴を開けたり、特別な電動工具も必要がないので、DIYビギナーの方にもオススメです。

好みのものを自分でつくる楽しさ」が発見できるので、ぜひ挑戦してみてください。

Lulight[Etsy]

160715_paperholder2

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense