美しいモビール

SHARE

ゆらゆら、ふわふわと、まるで季節外れな雪の結晶のよう。

そのモダンなシルエットは、日中は風をまとったような優しい表情をしつつ、夜には白く浮き上がる姿が幻想的です。

呼吸する和紙のモビール」 という目を引く名前の秘密は、その原料。モビールに使われている和紙は、名水百選「観音水」が流れるアトリエで、綺麗な水を使いゆっくり丁寧に漉かれました。

その原料である「コウゾ」に、水分子と気体分子の吸着機能をもつ「ゼオライト」という付着。これによって和紙に湿度調整や消臭機能が備わり、香りをつけて楽しめるモビールとなっているのです。

和紙の美しいモビール

開けるがもったいないような温かみのあるパッケージからも、作り手のこだわりが伝わります。

まるでレース編みのように繊細なモビールは、ひとつひとつ手作りで糸をかけ制作されているため、同じものがふたつとないところも魅力。またデザインは数パターンあり、どんなデザインのモビールが手元に届くのかは、箱を開けるまでのお楽しみ。

そこに大好きな香りをまとわせれば、あなただけのモビールが出来上がります。

直径約6cmが3個、直径約10cmが3個の合計6個のオーナメントと針金2本が付属してきます。テグスの長さはお好みで調節可能。お値段は4,028円(税込)です。

しとしと雨が続く季節に、優しく揺れるモビールが、雨音とともに心休まる空間を室内に作り出してくれそう。

ゆったりとした時間と風を運ぶ和紙のモビール[machi-ya]

(伊藤 七ゑ)

美しいモビール

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense