人気連載「みんなの部屋」vol.25。部屋づくりのアイデア、お気に入りの家具やアイテムなどの紹介を通して、リアルでさまざまな「暮らしの在り方」にフォーカスします。

渋谷駅から電車で10分ほどの最寄り駅から、自転車で10分。緑豊かな公園の近くに、無印良品のインテリアアドバイザーとして働く藤井さんの部屋があります。

2人暮らしをしている藤井さんのお宅では、無印良品で培われた収納術や小物の使い方など、参考にしたいアイデアがいっぱい詰まっていました。

名前:藤井さん
職業:無印良品のインテリアアドバイザー
場所:東京都世田谷区
面積:1LDK 45〜50平米
家賃:非公開
築年数:築14年

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_2


この部屋に決めた理由

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_3

「いちばんの理由は日当たりですね。角部屋で南東に窓があるので、朝も昼も明るいところが気に入ってます。猫が飼いたかったので、まわりが静かでペット可物件で探しました」

素敵な家の間取り図

間取り図

ちょっと変わった間取りも、インテリア好きの藤井さんの心をくすぐった要因。勤務地のある池袋の近くではなく、あえて少し離れた場所に部屋を借りることで、行動範囲を広げたいという狙いもあったそう。

お気に入りの場所

趣味ゾーン

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_4

2人共同で使っている趣味部屋。

PILLAR BRACKETで作った特製の壁面収納には、お互いの趣味であるアウトドア・アイテムやつり竿、カメラなどが飾られている。

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_5

「2人で共通の趣味が多くて、自転車や音楽、ミニ四駆もいっしょにやったりしていますね」

フリースペース

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_7

「普段はこの椅子でリラックスしたり、猫を愛でたり(笑)。サイドテーブル代わりにしているのは無印良品の『頑丈収納ボックス』です。中にはよく使う猫グッズを収納して、生活感を出さないようにしています」

アウトドア用品を普段使いすることで、かさばりがちな収納問題をかしこく解決。キャンプに行くときは、部屋にほとんど物が残っていないこともあるとか。

残念なところ

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_8

キッチンが狭いことが唯一の難点。大きな冷蔵庫を置くと通路が狭くなるため、小型のものしか置けないのが悩みだそう。現在は、冷蔵庫をふたつ重ねにして収納力を確保している。

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_9

ちなみに、料理を担当するのは彼女で、藤井さんはコーヒー担当。コンロと反対側にある壁掛け棚には、藤井さんが使用するコーヒー道具が収納されている。

お気に入りのアイテム

キャットタワー

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_11
無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_12

気に入るデザインのキャットタワーが見つからず、無印のユニットシェルフを使って自作した。上段の収納ボックスの側面に穴が開いていて、中は猫のベッドになっている。隣の部屋では、同様のシェルフをワードローブの収納として使用。

ダイニングテーブル

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_13

「通常は4人掛けサイズのテーブルですが、『食事』『作業』『だんらん』を兼ねたスペースなので、大きめのものを選びました」

無印良品のダイニングテーブルは、店舗でよく見かけるオーク材ではなく、少しシックなウォールナットが藤井さんのお気に入り。

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_14

ティッシュや小物などの生活用品は、キャスター付きの3段ボックスにまとめることでテーブルの上をスッキリさせている。

PILLAR BRACKETで作った棚

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_15

賃貸でも手軽に壁面収納が作れる「PILLAR BRACKET」は、藤井さんのお宅でも大活躍。奥行きを必要としないCDや文庫本の収納には、ツーバイ材の幅のままで棚をDIY。狭いスペースでも収納力を確実に増やすことができるアイデアだ。

カーテンレールボックス

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_16

カーテンレールボックスは、藤井さんの手作り。箱型のものをレールに乗せているだけなので、取り付けも取り外しも簡単。DIYの棚と色を合わせて統一感を出している。

収納のコツ

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_18

「収納のコツは、とりあえず1か所にまとめること。服類はすべてこの棚にまとめています。たたみ方のルールを決めて形を揃え、収納用品の色と形も揃えることで、見せるもの・隠すものを使い分けています。見た目も綺麗だし、片付けでトラブルになることもありません」

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_19

細かいものや人目に出したくないものは、フェローズのバンカーズボックスを利用。中身がわかりやすいように、黒のマスキングテープに白のペンでラベリングしている。ラベルの字体を統一しているところもポイントだと語る藤井さん。ルーミー編集部はこれを「FUJIIフォント」と勝手に名付けた。


これからの暮らし

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_20

「ここに引っ越ししてまだ1年目なので、もうちょっとこの辺に住み続けたいですね。趣味スペースのインテリアが最近完成したばかりなので、次はリビングスペースをいろいろと変えていきたいです」

無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家_21

「いつか一軒家に住みたいですね。猫にもっとのびのびしてほしい気持ちもあるし、彼女も僕もアウトドアが趣味なので、ガレージ付きの家に憧れます。海岸の近くで、ガレージのある一軒家なら最高です」

Photograghed by Daisuke Ishizaka


無印良品のインテリアアドバイザーの素敵でおしゃれな家

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense