30オトコのルーム事情を追求すべく決行した覆面座談会の記事を受け、アラサー女子がぶった斬る座談会。

前回のvol.1に続き、今夜もアラサー女子の「理想のオトコ部屋論」について語ります。

※本日の出演者たち(左から)
あゆ:看護師(27歳)
むぎむぎ:会社員(27歳)
こんとんじょのい子:会社員(27歳)
しろう:アプリプロデューサー(33歳)


付き合う前のお泊まりセットは“フリルのついた暴力”です

──次の質問に行きましょう。「男性の部屋が散らかっていたら片付ける?」

こんとんじょのい子(以下、こんとん):量によりますね。座れないくらいだったらよけなきゃいけない。ある程度日常の香りがするくらいだったら、あえて触らないです。

しろう:私はまったく片付けないですね。

──例えばキッチンが汚れていたら「あっ、やっておいたよ」みたいな……。

こんとん:それは“フリルのついた暴力”な感じがしますね。

──暴力つながりでいうと次。あなたは「ひとり暮らしの彼の家にお泊りセットを置く派?」。男性陣はこれを“マーキング”と言っていました。

こんとん:お泊まりセットも“フリルのついた暴力”です。

アラサー女性による理想のオトコ部屋座談会

むぎむぎ:男性でこういうことをされるのが好きな人はいるんですか?

──全員否定派でした。

むぎむぎ:ですよね。私も絶対嫌です。自分は絶対したくない。別れたいときに別れられない。

あゆ:歯ブラシくらいだったら、許可をもらったら置きますけど、パジャマや下着は置きたくない。

こんとん:男性の友達で、浮気してバレた原因が、コンタクトの洗浄液。その浮気相手の女性は大きなボトルのコンタクト洗浄液を買ってきて、男の子に言わないで洗面所の棚にこっそり隠してたらしいんです。本当は目が悪くないのに(笑)。

一同:怖いなー(笑)。

──前回の座談会ではいわゆる“マーキング”をしていく女子は多いと言っていました。よく遊びに来るから置いていくというのもダメ?

むぎむぎ:私は物を置いていくような人とは女友達でも友達になれない。

──みなさんは“マーキング”しない派?

こんとん:それなら全部持っていってパジャマくらい借りるとか……。

あゆ:付き合ってもいないのに“マーキング”するのはないですね。

──物を置いていってもいいよ、持って帰ってくれというのが、付き合えるか付き合えないかの目安になるんでしょうか?

一同:うんうん。

むぎむぎ:私は逆に用意してくれる人がいい(笑)。化粧水とかは無理かもしれないけれど、歯ブラシとかパジャマとか……二度洗いじゃない物がいいですけど(笑)。


Next>> 元カノとの思い出を認めますか、認めませんか?

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense