SHARE

前回の「30オトコの部屋と女の子編」に引き続き、30オトコのルーム事情を追求すべく決行した覆面座談会、最終回です。

※本日の出演者たち(左から)
kenken:建築コンサル営業(30歳)
吉祥寺住たろう:写真家(29歳)
本日の司会者(40歳)
落語家:編集者(31歳)
マッキー:会社員・マーケティング担当(31歳)

30代オトコの部屋座談会で趣味が充実、彼女はいないが女子は来る男性の本音トーク


女子が置いてく“お泊りセット”は捨てる

──予期せぬときに部屋に女子が来たらどうしますか?

落語家:押入れに全部押し込むとか。

吉祥寺住たろう:たまたま飲んでて「これから行ってもいい?」みたいな感じですよね。

kenken:だいたい“ヤバい場所”って自分でわかりますよね? 例えば違う歯ブラシが2本あったりとか……頭の中にそういうのがわかっているから、一瞬で処分する。

マッキー:それはね、ありますあります(笑)。

kenken:先に部屋に入って、自分のではない服をサッと片付けるとか。

──お泊りセットみたいなのを置いていく女子がいるじゃないですか。化粧水とか。その場合はどうしますか?

マッキー:捨てますね。

吉祥寺住たろう:それで僕、ハブラシ捨てたんですよね。

kenken:徐々に増やしていく人いますよね。付き合ってもいないのに。パジャマ持ってきたり。

一同:えー!

落語家:マーキング的行為は全部NGですよね。

30代オトコの部屋座談会で趣味が充実、彼女はいないが女子は来る男性の本音トーク

──好きな子でもダメ?

落語家:好きな子だったら……どうだろうな?

マッキー:好きだったらそのまま付き合えばいいじゃないですか。

──好きでもない子がマーキングするのがダメ?

マッキー&kenken:そうですね。

──付き合いたいと思ったとき、どれくらいのタイミングで部屋に招き入れますか?

落語家:もう大人なのでいつでもウェルカムですね。

マッキー:うんうん。

kenken:うんうん。

吉祥寺住たろう:うんうん。

──デート行って飲んで帰ってこの流れで行っちゃってもいいけど、今部屋に連れて行くのはヤバイなってときはありますよね?

吉祥寺住たろう:でもデート行く前キレイにしておきません?

マッキー:基本的にはそうですね。可能性としては読めるから。もしかしてと。

kenken:最悪な場合を考えておく。

──ちなみに合鍵は渡す派?

吉祥寺住たろう:彼女だったら渡します。

落語家:渡さないかな。

kenken:渡さないですかね。

マッキー:僕は彼女だったら渡しますね。

30代オトコの部屋座談会で趣味が充実、彼女はいないが女子は来る男性の本音トーク

──鍵を渡すのはいつ来てもいいというメッセージですよね。

マッキー:そうですね。好きにしてくれと……いや連絡なしで来られたら嫌かな。そういえば一回それで彼女とケンカしたことがあった(笑)。

吉祥寺住たろう:でもいきなり勝手に部屋に入ってて、料理が作ってあって、食べてね、みたいな置き手紙があったらうれしくないですか(笑)?

マッキー:それはいいっすね、あったかいっすね。

kenken:昭和な感じですね(笑)。

落語家:俺はNGっすね〜(笑)。重いし、自分が食べたいタイミングで食べたい(笑)。自宅で仕事をすることが多いので、そう思うのかもしれないですけど。

kenken:嫌じゃないんですけどね……特に……やましいこともないし。付き合ってなくても女の子が泊った翌日には鍵を置いていって、好きな時間に帰っていいよ、鍵はポストに入れておいて、みたいなことはします。

落語家:そういうのは全然あり。

NEXT >>「まだ元カノの下着がうちにある…」

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense