inazaki_concrete0622_001

SHARE

いま、ルーミー編集部がひそかに注目しているインテリアアイテム、それが“コンクリート素材”のもの。

コンクリートの特長といえば、どっしりした重量感に、少しざらついた独特の触り心地。マットでグレイッシュな色味は、少しエイジングのかかった古材や、インダストリアル系の家具との相性もバッチリです。

海外ECサイト「GESSATO」では、部屋にアクセントを与えてくれそうなコンクリート素材のアイテムがたくさん販売されています。その中から、おすすめを3つご紹介します!


一輪挿し

ルーミー編集部がひそかに注目しているインテリアアイテムは、コンクリート素材のもの_1
ルーミー編集部がひそかに注目しているインテリアアイテムは、コンクリート素材のもの_2

部屋を通る配管に見せかけたコンクリート素材の「一輪挿し」。

無機質なコンクリートと有機的な植物との対比が、ワンランク上のインテリア空間を演出してくれます。130ドル(約13,600円)。

購入はこちら:Pipeline Concrete Vase, Large


トイレットペーパー置き

ルーミー編集部がひそかに注目しているインテリアアイテムは、コンクリート素材のもの_3
ルーミー編集部がひそかに注目しているインテリアアイテムは、コンクリート素材のもの_4
ルーミー編集部がひそかに注目しているインテリアアイテムは、コンクリート素材のもの_5

まるで中国の“ぐるぐる雲”のようなトイレットペーパー置き。重ね方によっていろんな形になってくれそう。

こちらもふわふわとカチカチの素材対比がいい感じ。115ドル(約12,000円)。

購入はこちら:Cloud Concrete Toilet Paper Storage


ユニットシェルフ

ルーミー編集部がひそかに注目しているインテリアアイテムは、コンクリート素材のもの_6
ルーミー編集部がひそかに注目しているインテリアアイテムは、コンクリート素材のもの_7
ルーミー編集部がひそかに注目しているインテリアアイテムは、コンクリート素材のもの_8

3種類のサイズ違いを組み合わせて使うユニットシェルフ。

それぞれの側面が凸と凹になっていて、ピッタリとはまるのが特長。並べただけでもかっこよく見えるのは、コンクリートが持つ存在感のなせるわざ。260ドルから(約27,200円)。

購入はこちら:Plus, Concrete Modular Storage Solution


商品を販売する「GESSATO」では、他にもコンクリート製の時計やマガジンラックなども。気になる方はぜひチェックしてみてください。

丈夫なのがウリのコンクリート製品ですが、最後のシェルフで“足の小指”をぶつけたら痛いんだろうなぁ……。

[GESSATO]

inazaki_concrete0622_001

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense