SHARE

好みや流行でデザインは大きく変化しますが、機能としては古くから培われてきた伝統が継承されていてほしい……。

決してわがままではないそんな要望に見事に応える、イノベーティブなイタリアン家具ブランド「LAGO」の世界観を紹介します。

暮らしの中に溶け込みながらも、これまでの家具の領域を超える、斬新な価値を提供してくれるんです。


台所を家族で囲める「Air Kitchen」

イノベーティブなイタリアン家具ブランドLAGOのみんなで集まって台所を囲むおもしろいテーブル

「Salone Del Mobile.Milano Award 2016」のキッチン部門でベスト・プロダクト賞を受賞した、7月リリース予定の丸型キッチン「Air Kitchen」。

透明プレートの脚によって、全体がまるで宙に浮いているかのような、斬新なデザイン。

イノベーティブなイタリアン家具ブランドLAGOのみんなで集まって台所を囲むおもしろいテーブル_2

でも、何より魅力的なのは、かつて囲炉裏や釜戸を中心に家族が集っていた時代の「台所を家族で囲む」というスタイルを取り入れた、卓上で調理ができること。

家族や友人たちと、一体感のある瞬間を共有できるなんて、デザインも機能もお見事です。


囲まれてるとなんだか落ち着く「Colletto Bed」

イノベーティブなイタリアン家具ブランドLAGOの囲まれてるとなんだか落ち着くベッド

広い家にいても、ちょっと囲まれてたりする空間のほうが、落ち着いて集中できること、ありますよね?

就寝時にも、包まれたスペースのほうが安心できたり……。

イノベーティブなイタリアン家具ブランドLAGOの囲まれてるとなんだか落ち着くベッド_2
イノベーティブなイタリアン家具ブランドLAGOの囲まれてるとなんだか落ち着くベッド_3

「Elle Decor 2010 International Design Award」でWinnerとなった「Colletto Bed」は、視界も周囲の音も遮るクッション生地が、マットレスの周囲を包んでいる斬新なデザインのベッド。

まるで「巣」の中でぬくぬくのんびり過ごすような、落ち着く瞬間を提供してくれます。これ、いいなぁ。


キッズも自分空間を持てる「Cloud Bed」

イノベーティブなイタリアン家具ブランドLAGOのッズも自分の楽しい空間を持てるベッド

子どもの頃のベッドって、なんだか自分の「秘密基地」のようでわくわくしました。

イノベーティブなイタリアン家具ブランドLAGOのッズも自分の楽しい空間を持てるベッド_2

壁に取り付ける「Cloud Bed」は、自分だけの秘密の空間を生み出してくれるキッズベッドです。

イノベーティブなイタリアン家具ブランドLAGOのッズも自分の楽しい空間を持てるベッド_3
イノベーティブなイタリアン家具ブランドLAGOのッズも自分の楽しい空間を持てるベッド_4

2段ベッドの上段とは少し異なる、空中に浮かぶ秘密基地で遊んだり、読書したり、お昼寝したり。

まるで部屋を雲の上から眺める感覚になれそうです。

ベッドの下を有効活用できるところもちょっと嬉しい。オリジナルな楽しみ方ができそうですね。


ソファにもベッドにも。畳んだ布団のような「Chama Sofa」

イノベーティブなイタリアン家具ブランドLAGOのソファにもベッドにもなる畳んだ布団のようなソファーベッド_1

ワンルームにもベッドルームにも、ソファーベッドって便利ですよね。

イノベーティブなイタリアン家具ブランドLAGOのソファにもベッドにもなる畳んだ布団のようなソファーベッド_2
イノベーティブなイタリアン家具ブランドLAGOのソファにもベッドにもなる畳んだ布団のようなソファーベッド_3
イノベーティブなイタリアン家具ブランドLAGOのソファにもベッドにもなる畳んだ布団のようなソファーベッド_4

布団と枕から着想を得た「Chama Sofa」は、カジュアルながら、スタイリッシュな部屋にも合いそうな折りたたみソファーベッド。

背もたれの枕を退けて、2つ折りになったソファを広げて伸ばすだけで、ベッドにトランスフォーム。

「起きたら布団をたたむ」というデザインは、日本人にも馴染み深そうです。

イノベーティブなイタリアン家具ブランドLAGOのソファにもベッドにもなる畳んだ布団のようなソファーベッド_5

シングルサイズは、1人暮らしにぴったり。

急なゲストの宿泊にも対応できて、とても便利です。



インテリアの参考になる、発想にあふれるプロダクトたちは、LAGOのWebサイトからご覧になってください。

[LAGO]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense