SHARE

ワンコが追いかけているボール「PlayDate」。

実はカメラが内臓されていて、しかもアプリで操作できるスマートボールなんです。

indiegogoで資金調達中の「PlayDate」はカメラが内蔵されたボールで、アプリを使ってスマホで操作してペットと遊ぶ事を目的につくられましたが、よく考えたら防犯にも最適なガジェットでした_1

ボールの視点でペットたちと触れ合えるんですから、楽しいに決まってます。

まるで、映画『ミクロキッズ』のよう。

テクノロジーの進歩って、素晴らしいですね。

操作感はこんな感じ。

indiegogoで資金調達中の「PlayDate」はカメラが内蔵されたボールで、アプリを使ってスマホで操作してペットと遊ぶ事を目的につくられましたが、よく考えたら防犯にも最適なガジェットでした_5

ガシガシ遊んで傷ついた外側は、交換可能な仕様。

写真やビデオを撮影できる他、「チューチュー」とペットの気を引く音まで出せちゃえます。

indiegogoで資金調達中の「PlayDate」はカメラが内蔵されたボールで、アプリを使ってスマホで操作してペットと遊ぶ事を目的につくられましたが、よく考えたら防犯にも最適なガジェットでした_2
indiegogoで資金調達中の「PlayDate」はカメラが内蔵されたボールで、アプリを使ってスマホで操作してペットと遊ぶ事を目的につくられましたが、よく考えたら防犯にも最適なガジェットでした_3
indiegogoで資金調達中の「PlayDate」はカメラが内蔵されたボールで、アプリを使ってスマホで操作してペットと遊ぶ事を目的につくられましたが、よく考えたら防犯にも最適なガジェットでした_6

ちなみにこちら、外出先でも操作可能。距離は関係なく、なんと世界中どこからでも操作できるんですって。

ペットの声を聞いたり、こちらから話しかけることも可能なので、ペットたちの「ご主人様がいないという寂しい」という気持ちに応えてあげられますね。

indiegogoで資金調達中の「PlayDate」はカメラが内蔵されたボールで、アプリを使ってスマホで操作してペットと遊ぶ事を目的につくられましたが、よく考えたら防犯にも最適なガジェットでした_4

あ、ということは、これってもしや、防犯にも役立つ

不審者はもちろん、ガスや電気の消し忘れなんかも、外出先から確認できますね! 便利な使い方がどんどん思い浮かんできます。

indiegogoで資金調達中の「PlayDate」はカメラが内蔵されたボールで、アプリを使ってスマホで操作してペットと遊ぶ事を目的につくられましたが、よく考えたら防犯にも最適なガジェットでした_7

「PlayDate」はクラウドファンディングのINDIEGOGOで目標資金の6倍もの金額を集め、製品化が決定しております。

プレオーダーの分の「PlayDate」はあと少しのようなので、気になった方はプロジェクトページをチェックしてみてください。

プロジェクトページ:PlayDate

PlayDate[INDIEGOGO]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense