20160617_EC_RV

SHARE

キャンプ好きで1人キャンプもへっちゃら。

そんなわたしが最近手に入れたのがトイレ・バス完備のキャンピングカーです。

私と夫の体験から、キャンピングカーの購入方法と楽しみ方をご紹介します。


購入するときのチェックポイント

アメリカで、トイレ・バス完備のキャンピングカーであるトレーラーの購入方法と楽しみ方_1

家よりも広く、充実した装備のモーターホームも多い

初めは、値段も想像できず「持てたらかっこいいな」という軽い気分でした。

そんな気持ちで向かったディーラーで、話を聞けば聞くほど、見れば見るほど、キャンピングカーの魅力にはまり、いつしかクレジットカードを提出していました。


キャンピングカーの種類

日本ではキャンピングカーと呼ばれていますが、アメリカでは寝泊りできる施設がある車のことをRV(Recreational Vehicle)と呼びます。

その中でもエンジン付きで、それ自体が車の機能を持つ「モーターホーム」と、車で牽引する「トレーラー」と、大きく2つに分類されています。

今回購入したのは、車で牽引する「トレーラー」タイプ。新車で$13,000ほどでした。

私は「寝るところはどこでもOK。アウトドアはサバイバルだ!」と思っていました。しかし「トイレとシャワーがなきゃ、キャンプに行かない!」と聞かない夫。

思い描く「キャンプ像」が真逆の2人でも、楽しくキャンプに行ける方法を模索して辿りついたのが、RV車でした。

購入の決め手になったのは……

・エンジンがないトレーラーは思った以上に高くなかったこと
・キッチン・トイレ付きのものは、住宅とみなされ税金免除の手助けになること

アメリカで、トイレ・バス完備のキャンピングカーであるトレーラーの購入方法と楽しみ方_2

「購入しよう」と決めてから、どのようなスタイルのトレーラーにするかは、またもや意見が食い違い。

テントでも寝られる私は外見重視。夫は使いやすさ重視。

けれど、外見重視のわたしの意見は、値段的に却下されました。やはり「デザイン性」を重視すると、住宅と同様値段が上がってしまうのです。

何社かディーラーを見てたどり着いたのが「Springdale Summerland Series」でした。

2人で挙げた条件はこれ。

・トイレとバスはできるだけ広く
・窓が大きいもの

何車も見た後、「いいものが入った!」と言いながら、後部壁面が大きな窓になった車をセールスマンが探してきてくれました。


購入前に駐車場も確認

購入にあたり、忘れていたのは駐車場のこと。

庭付き1軒家を持っていれば庭に駐車できますが、そうでない場合は、月々の駐車スペースを考えなければなりません。

レンタル駐車場は、購入したRVが入るかどうかを確認すると同時に、バックでは駐車しにくいトレーラーが駐車できるかどうかも考慮する必要があります。

20160617_EC_RV

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense