こんにちは。ルーミーライターのユキコニシムラです。

私は、熊本県熊本市在住です。

震度6強、4月14日から発生した熊本地震を体験しました。

本震の揺れから数秒後に停電した時、私の手元にあった災害アイテムは「懐中電灯」のみでした。

他に災害アイテムと呼ばれるようなものは何も用意しておらず、夜が明けて店頭に並ぶも、長蛇の列で何も買えない状態でした。

熊本でもまだ余震が続いていますが、先日は北海道でも震度6弱の地震があり、何かと不安な気持ちになりますね。

今回は、私が熊本地震で経験した車中泊、断水、停電時に役に立ったアイテム、今後の地震に備えて家に置いておきたいものを、経験をふまえてご紹介します。


懐中電灯

熊本地震で車中泊、断水、停電した体験から家に備えておきたい防災グッズの懐中電灯

ヤザワ 手動充電式0.3W1LEDライト

4月16日未明に発生した本震では、揺れが始まった数秒後に停電しました。

懐中電灯のおかげで怪我もなくなんとか避難しましたが、予備の電池を持っていく余裕は、まったくありませんでした。

懐中電灯は家に1つは用意しているかもしれませんが、今から買い足すなら、いつでも手動充電できる手巻き式や、モバイルバッテリー機能付きがおすすめです。

真っ暗で大きな揺れが続く中、懐中電灯の明かりがあるだけでほっとしましたよ。


ラジオ

熊本地震で車中泊、断水、停電した体験から家に備えておきたい防災グッズのラジオ

SONY FM/AMポータブルラジオ

車中泊の間、ラジオでは給水所や温泉施設の利用など生活情報が放送されており非常に助かりました。停電しても利用することができ、有益な情報が得られます。

SONY FM/AMポータブルラジオ」は手回し充電ができ、LEDライトも内蔵。スマホの充電までできます。

電池も数本ストックしておいた方がいいですが「停電しても使える」モノをおすすめします。


モバイルバッテリー

熊本地震で車中泊、断水、停電した体験から家に備えておきたい防災グッズのモバイルバッテリー

左:「cheero Power Plus 3 13400mAh」 右:「cheero Power Plus 3 mini 6700mAh

安否確認や災害情報を知るために便利な携帯電話ですが、心配なのはバッテリーです。

避難所に行ってもコンセントの数には限りがあります。

私は幸い昼間は家に帰ることができたので、充電切れになることなく済みましたが、避難生活が長引くことを想定すると、大容量のものが安心です。


ウォータータンク

熊本地震で車中泊、断水、停電した体験から家に備えておきたい防災グッズのウォータータンク1

尾上製作所(ONOE) ウォータータンク

熊本地震で車中泊、断水、停電した体験から家に備えておきたい防災グッズのウォータータンク2

YAMAZEN ガーデンマスター 折りたたみ式ハンドキャリー

熊本地震で車中泊、断水、停電した体験から家に備えておきたい防災グッズのウォータータンク3
aoe DEPOT ウォーター タンク

本震の夜が明けて断水が始まり、ウォータータンクを買いに近くのホームセンターに行きましたが、何百人という人が並んでいて購入できる状態ではありませんでした。

これは用意しておくべきだったと、ものすごく後悔したアイテムです。

容量にもよりますが、水を入れるとものすごく重いので、女性が1人で運ぶにはキャリーカートもあると便利です。

使わない時のことを考えれば、コンパクトに収納できる折りたたみのウォータータンクがおすすめ。使い方によっては破れるおそれがあるので、注意が必要です。


衛生用品

熊本地震で車中泊、断水、停電した体験から家に備えておきたい防災グッズの簡易トイレ

小久保 防災グッズ 凝固剤入 緊急簡易トイレ

私の住んでいる地域では、本震のあとに断水が始まり、3日後には水が出るようになったのですが、赤茶色に濁っているため飲用しないようにとの呼びかけがありました。

ストックした水で手洗い、歯磨き、入浴をしましたが、水の使用は最小限に抑えなければなりません。

東京仕様の防災ブック「東京防災」に掲載されている「断水時のトイレの使い方」「簡易トイレの使い方」も役に立ちましたが、水の確保が難しい場合は、凝固剤入の簡易トイレもあります。

熊本地震で車中泊、断水、停電した体験から家に備えておきたい防災グッズの衛生用品

左:「キレイキレイ 除菌ウェットティッシュ」 右:「フレッシィ ドライシャンプー

水を極力使わないために、ウェットティッシュなども役に立ちました。

熊本地震を経験して、「これがこんなに役に立つなんて」と初めて分かったことが多かったです。

他にも非常食、ゴミ袋、毛布、靴下、サランラップ、紙皿や割り箸といったアイテムも便利でした。

避難先や車中泊の長さによって必要なものは人によって異なるかもしれません。

今一度防災グッズを見直してみませんか?

real estate image via Shutterstock

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense