部屋を真上から見てみる「お部屋を上から見てみよう」シリーズ。

『工場萌え』や『ジャンクション』の写真集を出版されている「ヤバ景」フォトグラファー・ライターの大山 顕さんによる部屋探訪では、部屋を真上から撮った「部屋の平面図」と、「寝っ転がってポートレイト」を撮るのが恒例。いつもすてきな部屋と、そこに暮らす人を取材し、上から撮影されています。

無垢床リノベーション賃貸「TOMOS」に暮らす相田さんファミリー宅にお邪魔しました。イラストレーターの旦那さま・智之さんと、ピラティスインストラクターの奥さま・由佳理さん、そして10ヶ月の麻菜ちゃんの3人が暮らす部屋です。

goodroom_TOMOS_大山 顕_子育て_無垢材_雑貨

相田さん宅の第一印象は明るく開放感があるということ。

そして、麻菜ちゃんがとてもかわいいということ。

goodroom_TOMOS_大山 顕_子育て_無垢材_雑貨_1
goodroom_TOMOS_大山 顕_子育て_無垢材_雑貨_2

どうしても10ヶ月の麻菜ちゃんのかわいらしさが気になっちゃって気になっちゃって……部屋の取材の話が、気がつけば赤ちゃんの話に。いかんいかん(大山さん)

goodroom_TOMOS_大山 顕_子育て_無垢材_雑貨_3
04-goodroom_TOMOS_大山 顕_子育て_無垢材_雑貨_4

さて、先ほど触れたように、相田さん宅はとても明るく、開放感があります。その秘密はリノベにあるみたいです。

もともと2つの部屋だったのを、リノベの際に1つに繋げたそう。現在は仕切り戸で区切られていて、今後元の間取り通り、2部屋にすることも可能です。

また、角部屋ということもあり、 2面の窓から入ってくる光を効率よく生活に取り込める間取りになっているんです。

goodroom_TOMOS_大山 顕_子育て_無垢材_雑貨_5

上から見てみると、こんな感じ。

日当たりのいい部屋を探していたという相田さんご夫婦。風にゆらめくカーテンと、ほどよく入り込む日光が、最高に気持ちよさそうです。

goodroom_TOMOS_大山 顕_子育て_無垢材_雑貨_6

照明用のレールを利用した、観葉植物のディスプレイの仕方が、ワザありでいい感じですね。

goodroom_TOMOS_大山 顕_子育て_無垢材_雑貨_7
_DSC2698
goodroom_TOMOS_大山 顕_子育て_無垢材_雑貨_8

このクジラのしっぽは、一輪挿しなんだとか

相田さん宅を見渡していると、いたるところにセンスのいい雑貨やおもちゃが飾られていることに気が付きました。

麻菜ちゃんのおもちゃは、「アンパンマン」などの定番キャラクターものではなく、手触りを重視した木のものがほとんど。

ご夫婦のこだわりとセンスのよさを感じます。

goodroom_TOMOS_大山 顕_子育て_無垢材_雑貨_9
goodroom_TOMOS_大山 顕_子育て_無垢材_雑貨_10
goodroom_TOMOS_大山 顕_子育て_無垢材_雑貨_11

インテリアにこだわった素敵なご夫婦の部屋が、子どもが生まれてアンパンマンだらけに……というのは、よく聞く問題です。

子どもがアンパンマン好きにならないよう、アンパンマンのアニメや絵本を見せないようにしている、という話まで聞いたことがあります。

相田さんご夫婦は、「アンパンマンかどうかは分からないですけど、いいおもちゃやぬいぐるみを与えたいですね」とのこと。

「インテリアの雰囲気を汚したくない!」という思いでなく、「子どものためを思った」考え方がいいですね。

goodroom_TOMOS_大山 顕_子育て_無垢材_雑貨_12

はぁ、なんて愛らしいんだ……

あくまで「いい!」と琴線に触れたものが集まった、という感じ。麻菜ちゃんはこうやっていいものに囲まれて育つんだろうなー、と思った。(大山さん)

goodroom_TOMOS_大山 顕_子育て_無垢材_ポートレイト_13

恒例の「寝っ転がってポートレイト」

ご夫婦や赤ちゃんの成長とともに、部屋もどのように変わっていくのか、今から楽しみです。



大山さんが撮影・インタビューした部屋は、東京・大阪・名古屋で展開する部屋探しサイト「goodroom」が運営するコラム「goodroom journal」で公開されています。もっといろいろな部屋をご覧になりたい方は、good roomのWebサイトをご覧ください。

インテリア実例:太陽の光ととっておきのオブジェに囲まれて[good room]
text by Leo Iizuka

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense