C100093_04_image1

SHARE

部屋の写真を共有するソーシャルサービス「RoomClip」。読者からの投稿型で、いろいろな家づくりのアイデアが掲載されています。

今回は、RoomClipユーザーの8kosan.さんによる、古材風窓枠のDIYを紹介します。

窓枠が木製素材に変わるだけで、部屋の印象はガラリと変わりますよ。


『部屋のイメチェンに! 古材風窓枠DIY』

用意するもの

木材(計7本 窓枠用に4本、棚板用に3本)
ベニヤ板(6枚 今回は30×900mm)
角材(棚受け用)
L字金具(16個)
ビス(L字金具と棚受けを留められる分。木材の厚さより短いもの)


STEP1

木製窓枠_DIY_1

写真のように、既成の窓枠内に2個の木枠ができるように(それぞれ独立した木枠のため、中央は板が2枚重なります)、長さを測って木材をカットします。

一旦窓枠内にはめこみ、きついところやはまらないところがあれば、やすりがけで微調整します。その後オイルで色付けします。


STEP2

木製窓枠_DIY_2

はめこんだ木枠が2個できたため、各木枠の四隅に2箇所ずつL字金具で固定します。


STEP3

木製窓枠_DIY_3

既成の窓枠と作った木枠の色味がだいぶ違って目立つため、ベニヤ板をカットして色付けし、既成の窓枠部分にマスキングテープと両面テープで貼り付けます。

STEP4

木製窓枠_DIY_4

好きな位置に角材を設置して棚受けにし、棚板を載せ、完成です。

STEP5

木製窓枠_DIY_5

配管用の立バンドを固定して流木を渡してカーテンレールにしたり、折りたたみ棚受け金具で足場板を設置して、窓枠下をカフェテーブルにしたりと、窓枠周囲を味付けして自分好みに楽しめますよ。


自分流のアレンジを楽しもう

木製窓枠_DIY_6

窓は、換気や採光だけでなく、このような楽しみ方もあることを発見できました。

流木カーテンレールや足場板の折り畳み棚など、アレンジが自在ですね。


チェックポイント

木枠用の木材をカットする時、ちょうどの長さで切らず、1mm程大きく切るつもりでカットします。後でやすりがけするため、よりピッタリサイズに仕上がります。

木枠を組み立ててからではなく、窓枠内で組み立ててから固定するため、既成の窓枠に傷がつきにくく、ピッタリサイズにしやすいです。


8kosan.さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧ください!

8kosan.さんのインテリアを見てみる

リフォーム気分で部屋の印象UP!「古材風窓枠DIY」by 8kosan.さんRoomClip mag
RoomClip

Photographed by 8kosan.さん

C100093_04_image1

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense