人気連載「みんなの部屋」vol.11。部屋づくりのアイデア、お気に入りの家具やアイテムなどの紹介を通して、リアルでさまざまな「暮らしの在り方」にフォーカスします。

下北沢から小田急線で2駅先にある梅ヶ丘は、小学校や公園が隣接する穏やかなファミリー向けの物件が数多く立ち並ぶエリア。そんな穏やかな梅ヶ丘のとあるマンションで、2羽のフクロウと仲良く暮らすカップル。

おふたりのダイニングや作業スペースには、フクロウに関連したツールやグッズがたくさん。「フクロウが住みよい環境」であることを最優先にして選んだという江藤さんカップルの住まいをご紹介します。

名前:江藤勇也さん さほさん
職業:Webデザイナー フリーター
場所:東京都・梅ヶ丘
面積:2DK 44.1平米
家賃:12万6000円
築年数:37年リノベーション済み マンション


お気に入りの場所

めめちゃんと銀次くんのスペース

おしゃれ部屋_インテリア_収納_ふくろう_ペット_ふくろうの買い方_デザイナーの部屋_梅ヶ丘_2DK_45平米_リノベーション_家賃13万_猛禽類_アフリカワシミミズク_アカアシモリフクロウ_1

さほさんが飼っている「アカアシモリフクロウ」のめめちゃんと江藤さんが飼っている「アフリカワシミミズク」の銀次くんが過ごすエリア。

2羽とも武蔵国分寺にあるふくろう茶房という専門店でお迎えを決意したのだそう。一羽のお値段はうん十万。よっぽどの決意がないとできないですね。

ちなみに名前の文字のモニュメントはスリーコインズで購入。

おしゃれ部屋_インテリア_収納_ふくろう_ペット_ふくろうの買い方_デザイナーの部屋_猛禽類_梅ヶ丘_2DK_45平米_リノベーション_家賃13万_アフリカワシミミズク_アカアシモリフクロウ_2
おしゃれ部屋_インテリア_収納_ふくろう_ペット_ふくろうの買い方_デザイナーの部屋_梅ヶ丘_2DK_45平米_猛禽類_リノベーション_家賃13万_アフリカワシミミズク_アカアシモリフクロウ__3

ふたりにとって、2羽と触れ合う時間はなにより特別。

大人しい性格のめめちゃんは、さほさんの膝の上がお気に入りのスポットのようです。

おしゃれ部屋_インテリア_収納_ふくろう_ペット_ふくろうの買い方_デザイナーの部屋_梅ヶ丘_2DK_猛禽類_45平米_リノベーション_家賃13万_アフリカワシミミズク_アカアシモリフクロウ_4

少しやんちゃな銀次くんにとっては、江藤さんの肩の上がお気に入りの様子。

おしゃれ部屋_インテリア_収納_ふくろう_ペット_ふくろうの買い方_デザイナーの部屋_猛禽類_梅ヶ丘_2DK_45平米_リノベーション_家賃13万_アフリカワシミミズク_アカアシモリフクロウ_5

ときにはこんなイタズラも。ああ〜かわいい。


「洗濯中。ふたりとも、反応薄い。。」

かわいすぎる2羽の生活の様子は、インスタグラムでも日々更新されているみたいですよ。


作業スペース

おしゃれ部屋_インテリア_収納_ふくろう_ペット_ふくろうの買い方_デザイナーの部屋_猛禽類_梅ヶ丘_2DK_45平米_リノベーション_家賃13万_アフリカワシミミズク_アカアシモリフクロウ_6

江藤さんははWEBデザイナー。土日にも個人で複数のメディアで制作しているようで、家に帰るとほぼこの椅子に座り作業しているのだそう。

「いつもフクロウに見守られながら作業しています。あまり2羽が騒ぐこともないので落ち着いて作業できますよ。ただ、眺めていて飽きないので、時々手を止めて相手をしていたらあっという間に時間が経ってしまいますね」と江藤さん。

おしゃれ部屋_インテリア_収納_ふくろう_ペット_ふくろうの買い方_デザイナーの部屋_梅ヶ丘_2DK_猛禽類_45平米_リノベーション_家賃13万_アフリカワシミミズク_アカアシモリフクロウ_ブランデー_7

作業テーブルの上は至ってシンプル。誕生年に作られたというブランデーのケースは、さほさんが江藤さんの誕生日にプレゼントしたものだそう。ちなみにめめちゃんが乗っている台座はさほさんのお手製。フクロウの置物は100均で購入。


この部屋に決めた理由

おしゃれ部屋_インテリア_収納_ふくろう_ペット_ふくろうの買い方_デザイナーの部屋_梅ヶ丘_猛禽類_2DK_45平米_リノベーション_家賃13万_アフリカワシミミズク_アカアシモリフクロウ_8

猛禽類を診察してくれる動物病院が豪徳寺にあるため、小田急線沿いで近くの駅を探していたふたり。

なかでもフクロウOKの物件をさがすのに苦労したそうですが、たまたま価格帯も抑えられて条件が揃う物件が見つかったため即決したのだそう。


お気に入りのアイテム

フクロウのグッズだち

DSC01371

どんどん出てくるフクロウのグッズ。これらのぬいぐるみ、2羽はあまり好きじゃないようで、蹴っ飛ばしたりしちゃうんだとか。ライバル視しているのかも? だとしたら、余計にかわいいですね。

IMG_0784

玄関に飾られているのは、江藤さんが世界一周の旅をしたときにベネチアで買った仮面と、ここにもフクロウのぬいぐるみ。

「そういえばフクロウを飼い始めてから、ケンカが減ったかもしれない」とおっしゃる江藤さん。

フクロウは当て字で「不苦労」と読むことができるので、風水的にも縁起がいいんだとか。フクロウのグッズは玄関に飾ると運気が向上するとされているので、フクロウを飼うのが難しい人もグッズから真似するのも良いかもしれません。


フクロウ用のグローブ

おしゃれ部屋_インテリア_収納_ふくろう_ペット_ふくろうの買い方_デザイナーの部屋_梅ヶ丘_2DK_45平米_リノベーション_家賃13万_アフリカワシミミズク_アカアシモリフクロウ_ストゥーパー_フクロウ用のグローブ_10

さほさんが愛用している、フクロウ用のグローブ。猛禽類専用のグッズを販売しているストゥーパーというショップで購入したもの。屏風に描かれている日本画のような和柄模様が素敵です。


残念なところ

IMG_0958

残念なところは、洗濯機を設置するスペース。横から見ると出っ張っているので、部屋を狭く見せてしまっています。ただこの部屋にある独立した洗面台が魅力的だったため、そこは妥協したポイントなんだそう。


フクロウと共生するためのティップス

普段森の中で暮らすフクロウは、空気の汚れやカビにとても敏感です。

人間にとってはまったく問題のないような小さなカビが原因で、死に至ることも。そのため江藤さんはエアコンの掃除を徹底的に行うほか、空気清浄機は常にONにしています。


これからの暮らし

IMG_0977

これから先も、フクロウがより快適に過ごせる環境を作っていきたいと語るふたり。フクロウが遊べるオモチャや、高めの止まり木を増やしたいと考えているのだとか。

次に引っ越すならば、庭やバルコニー付きのメゾネットタイプにしたいそうです。

「高さのあるスペースの方が、自然に近いのでフクロウが喜んでくれるはず。フクロウ中心なので、必然的に僕たちもそういう住まいに住みたいと考えてしまうんですよ」と語る江藤さん。

これからの暮らしへの期待に胸膨らませながら、2羽との暮らしを語る仲睦まじいふたり。なんだかうらやましくなっちゃいました。

撮影・取材・執筆 by 冨手公嘉


この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense