SHARE

家にお客さん(気になるあのコ)が来るとき、いかにも「準備をバッチリしていた」雰囲気があっては、お客さん側も落ち着かないはず。

「これ、おいしいんだ。よかったらどうぞ」というさりげなさと、驚いてもらえるほどのおいしさで、クールなもてなしをキメたいものです。

machi-yaのnicoco季節のジェラート1

以前紹介した一期一会のジェラートに、今の時期にぴったりな春メニューが、期間限定で登場しました!

ジェラート屋さん、「Gelateria nicoco(ジェラテリア ニココ)」は、新潟を中心に全国の農家から厳選した素材で、ジェラートをつくっています。

季節ごとに異なるフレーバーが出るから、季節が変わったら同じ味は食べられないのです。お客さんにさりげなく披露したくなるフレーズです。

machi-yaのnicoco季節のジェラート2

特においしかったのは、今回の新作「お豆腐屋さんの豆乳」。新潟市秋葉区の豆腐屋、高橋食品さんの生豆乳を使用していて、かなり豆乳の味わいがしっかりします。口触りもなめらかです。

machi-yaのnicoco季節のジェラート3
machi-yaのnicoco季節のジェラート4

それから、こちらも新作「ブルーベリーチーズアーモンド」。クリームチーズの味がしっかりするジェラートに、たっぷりのブルーベリージャム、アクセントにアーモンドスライスをトッピングしています。

そして「さくら」。作られた桜のお菓子の味とは違い、桜の花の塩漬けがしっかり香ります。

machi-yaのnicoco季節のジェラート5

「日本の四季よ、ありがとう」と感じさせるジェラートたちでした。8個セットは2,600円(税抜)、12個セットは3,560円(税抜)です。

また、machi-yaへの出店もどしどし受け付けております。

<春限定メニュー>nicoco ジェラート 8個セット[machi-ya(マチヤ)]
<春限定メニュー>nicoco ジェラート 12個セット[machi-ya(マチヤ)]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense