おはようございます。東京都在住の32歳、会社員をしております空海と申します。

座右の銘は「虚往実帰(きょおうじっき)」。虚しく往きて実ちて帰る。

何も持たずに生まれてきた私ですが、生きている間に多くのものごとを学びたいと思っています。そのため余計なものを持ったり執着することを避ける、昨今では「ミニマリスト」と呼ばれているライフスタイルを私なりに実践しています。

たちのぼる煙に感性を刺激しつつ、脳を活性化する朝の活用法

tabidachi_001

みなさんが朝起きたら最初にすることはなんですか?

私はまず白湯を飲みます。心地よい眠りから目覚めたあとに白湯を飲むと、心に火が灯るように自然と目が覚め、今日のモードに入る気がします。

それからアロマ。最近は線香を好んでいます。線香と言っても、ふつうの線香ではありません。アロマがわりに使える香りで仕立てられた「たびだち 新緑の森の香り」が朝のフェイバリットです。

箱から線香を1本出し、火を点けると、静かにひとすじの煙がミニマルに立ち上る。そして爽やかな香りが朝日で満ちた部屋に広がっていく……。何ものにも代え難い至福の時とは、まさにこのことでしょう。「たびだち」は、煙が少ない線香ですので、マンションでも安心です。

tabidachi_002

すでにお気づきと思いますが、私は朝の時間を有効活用したいタイプの人間です。

今日のようなオフの日はおもに趣味の音楽活動に勤しんでおり、恥ずかしながらKU-KAIと名乗り、ラッパーとしてライブなどを行っております。

朝起きたばかりの、リセットされた心境から湧き出るのは、自然体の言葉たち。私はそう考え、朝にリリックをしたためます。使うのはタブレットとスタイラスペン。できるだけモノを持たない生活を心がけているゆえ、ペーパーレスで毎朝、己と向かい合っています。

午後のリラックスタイムは、デジタルデトックスで情報収集

tabidachi_a

忙しい日はつい外食しがちですが、一日一食は玄米と味噌汁という質素な食事を摂るようにしています。

ゆっくりと咀嚼し、シンプルに素材を味わうことを意識しています。そうすると自然と味覚も鋭くなり、より食事を楽しめる気がします。

tabidachi_003

週末の昼食後の楽しみは、平日にSNSやRSSで見かけてストックしていた記事などを一気読み。ネットへの依存も避けたく、決めた時間にこうした情報をチェックするようにしています。

この時も、やはり線香は手放せません。朝とは違い、食後のリラックスタイムですので 「たびだち 幸福なひとときの香り」をチョイスします。

白桃や洋ナシのような香りは、あたたかい陽だまりの中にいるような優しい気持ちになれます。

一日の終わりは静かに、優しく誰かを思うように眠りにつく

tabidachi_b

週末の夜は、毎朝書き溜めていたリリックをライブで披露します。

フル回転する脳、オーディエンスの鼓膜と脳に直接伝わるように言葉を連射、彼らがそれに応え眼の色を変える白熱する空間 by KU-KAI……。

こうしてオーディエンスやいろんなMC、DJとコミュニケーションをとることで、今日も昨日より多くのものごとを得られた気がするのです。

tabidachi_004

ライブの打ち上げを経て帰宅したら、寝る前に「たびだち 新月の夜空の香り」に火をつけます。

優雅でせつなく甘い香りに、温まった心をゆっくり鎮め、次第に心身が癒されていくようです。そして、今日一日を振り返ります。

今日は何をしたっけ? 誰と会って何を話したっけ? なんだかあったかい思い出がまたひとつ増えた気がします。明日も良い日になりますように……。

しみじみそう思い、大切な誰かを思うように、眠りにつくのです。おやすみなさい。

シンプルにアロマを楽しみ、リフレッシュする。新しいお香スタイル

tabidachi_eyecatch左から「たびだち 新月の夜空の香り -Elegant Floral-」「たびだち 幸福なひとときの香り -White Peach-」「たびだち 新緑の森の香り -Green Herb-」

もしも現代の東京に空海が生きていたら──。

そんな想像とともにお送りした、ミニマリスト流のリラックス術、いかがでしたでしょうか?

アロマの楽しみ方として、あえて線香をチョイス。そんな切り口でご紹介した「たびだち」シリーズは、煙がごくわずかなのに、部屋にふんわりと香るのが一般的な線香との大きな違い。これは、まさに現代のライフスタイルにフィットするリビング線香です。また、天然香料を配合しているため香り切れがよく、時間帯ごとに香りを変えやすいのもメリットのひとつです。

ミニマルに時間帯ごとに香りを使い分けて、生活にリズムをつくる。そんな楽しい日々を過ごせるはず。

「たびだち」シリーズ
価格:各900円(税抜き)
滞留時間:各約25分
内容量:各約90g
たびだちカメヤマ

Photograph by Junmaru Sayama

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense