SHARE

信じられないような、驚きのスピーカーを発見しました。

それはなんと、自分にだけ音が聞こえるというスピーカー。つまり、同じ部屋に誰かがいても、自分だけに音が聞こえるようにすることができる、魔法のようなスピーカーなのです。

この「A Speaker」は現在Indiegogoにて絶賛クラウドファウンディング中。既に目標出資額の5倍近くもの出資金を集めており、世界中から大注目を浴びています。

では、実際のスピーカーの仕組みから見ていきましょう。

20160330Aspeaker2

A speaker」は、従来のスピーカーとは目的が全く異り、一直線に飛ぶ音波ビームを作り出します。

image1_040516

上の画像のように、まず一次ビームが音声信号から超音波に切り替わります。一次ビームがスピーカーによって放出されて、空気の中で増えるとともに音波を構築するのです。

構築された音波は二次ビームとなるのですが、一次ビームの範囲から出ることなく、同じ方向で動くため、一定方向のみに音を届けられるようになります。

つまり、ビームの中にいれば音が聞こえるけれども、外であれば音が全く聞こえないという、最新技術が満載のスピーカーということですね。

20160330Aspeaker4

そして、自分にしか音が聞こえないスピーカーであることから、たくさんの便利な使い方が考えられます。

例えば、ひとりが映画を見ている隣で、もうひとりが静かに読書をしたり。

20160330Aspeaker5

ひとりがパソコンでドラマや動画を見ている間に、もうひとりは音楽を聴きながら遊んだり。

20160330Aspeaker6

誰かが寝ている部屋で、パソコンで音を出しながらゲームをしたり。

20160330Aspeaker7

ひとりが寝ている間に、もうひとりは音楽を楽しみながらスマホをいじったり。様々な使い方で、生活をより便利に快適にしてくれます。

誰かと一緒にいると、どうしても避けられない音の問題。これを簡単に解決できる魔法のような「A Speaker」。

現在Indiegogoでは、既に売り切れてしまった出資項目もあるために、ひとつのスピーカーを手に入れるのに最低でも550USドルの出資が必要とのことです。高めですが、それだけ出す価値があるスピーカーのような気がします。

あなたのサウンドライフをより快適にするスピーカー、これはぜひとも手に入れたいですね。

A Speaker [Indiegogo]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense