睡眠はとっても大事なこと。前の日にきちんと眠れたかどうかで、次の日の疲れ具合が大分違うような気がします。

最近では睡眠の質を上げるために様々なアイテムが販売されていて、多くの人が睡眠の質を意識している様子。

そこで今回は、ハイテクなマットレスをご紹介します。

20150328matless1

現在Kickstarterにて資金調達中であるBallugaの特徴は、何層にも重なる空気バネと、スマホとの連動。

ひとつひとつのバネが独立して制御されているがポイントで、そのおかげで、例えば左右それぞれの人に合わせてマットレスの堅さを調節するなど、かなり細かいコダワリを反映できるのです!

20160328matless2

次に、温度調節システム。その日の気温と体温に合わせて、マットレスが自動でその人の体温を適温に保ちます。

こちらも、それぞれのサイドにいる人にあわせて個別に調節されるので、寒い日に毛布の取り合い、または暑い日に布団の押し付け合いをする必要がなくなるんですね。

20160328matless3

そして、なんとマッサージ機能までついている「Balluga」。それぞれの空気バネは振動を起こせるようになっており、それが程よく身体を刺激することでマッサージになります。朝には優しい振動で目を覚ましてくれたりなんかもします。

20160328matless5

続いて、いびきの抑制システム。

内蔵のセンサーがいびきに反応し、マットレスの角度と位置を調節して、いびきを止めます。いびきと身体の動きに合わせて位置調節をするので、睡眠を妨害することなく自然といびきが止まるのだそう。

20160328matless6
20160328matless8

スマートフォンと連携できるということは、データを収集できるということ。日々の睡眠状態を管理できるので、自身の眠りの習慣を知ることができます。

睡眠のサイクルを知るということは、生活のリズムを知るということ。自分の生活習慣そのものを見直すきっかけにもなるので、自身の健康管理にも役立ちますよ。

20160329matless7

ちなみに、ベッドにはLEDランプが搭載されています。至れり尽くせりとはまさにこのこと。

夜中起きなくてはならなくなったときに、ベッドの下から淡い光を照らして歩きやすくしてくれるのも特徴です。ランプの色も数種類あるので、自分の好みに合わせて使用することができます。

以上、Ballugaの機能の紹介でしたが、従来のマットレスを超越したその存在感に、なんだか未来を感じてしまいます。ちなみに一番小さい「Balluga」を手に入れるのに必要な出資額は1,199USドル。たっ高い……。さすが、これだけの機能を搭載しているだけあります。

高くても、どうしてもこの高機能マットレスが欲しい! という方は、Kickstarterにて詳細をご覧ください。いつか使用してみたい、ハイテクなマットレスのご紹介でした。

Balluga [Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense