SHARE

洗濯したてのフワフワなタオルを置いたり、かけておくのにピッタリ。

タオル以外のものだって、棚板を使えばきれいに並べて見せてられます。

160324littlebodco_06
160324littlebodco_07

drying rack」は、littlebodcoのためにデザインされた展示用什器

littlebodcoは、国内で生地づくりから縫製までを行うタオル製作会社、合同会社リトルのオリジナルブランドです。ブランドコンセプトは「let loose」。綿・麻・竹(バンブーレーヨン)の糸を絶妙なバランスで織り交ぜたコットンリネンバンブーを、従来にないほど緩い(loose)織り方にすることで、新しいさわり心地を実現しているんです。

drying rackをデザインしたのは、「DAYS.」の西尾健史さん。クリエイティブ/アートディレクターの橋詰宗さんと、合同会社リトルからブランドコンセプトを聞き、littlebodcoだからこそ成立する什器であること、また持ち運びが容易であることをポイントに、デザインしたそうです。

160324littlebodco_01

タオルのサイズは、50x50cmを基本に倍数で展開され、ハンカチからブランケットまで用途が多様(loose)なのも特徴のひとつ。そこで、1列に並べるとサイズの違いがわかりやすいようになっています。

160324littlebodco_02
160324littlebodco_03

タオルの他に、Tシャツとポンチョのためのハンガーラックもあります。

160324littlebodco_04
160324littlebodco_05

伸縮自在、フワフワな心地よさをもたらしてくれるインテリアが、日常にあるって便利でいいですよね。

littlebodco[DAYS.]
littlebodco

Photographed by Gottingham

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense