010_I7A4723

SHARE

夫婦で“同じ趣味”があるっていいと思いません?

例えば、家をつくるときでも、料理が趣味ならキッチンを広めにできるし、映画が好きならリビングに大型スクリーンを設置することもできます。お互いの趣味のためなら、予算のことでケンカになることもなさそうですしね。

リノベーション事業を手がけるリビタのお宅拝見シリーズから、今回ご紹介する神奈川県の「M邸」は、共通の趣味が「自転車」というMさんご夫妻の家です。

001_I7A4802

まずは玄関から。広めの土間スペースをつくり、そこに2台のロードバイクを立てかけています。

M邸は、築30年のビンテージマンションを大胆にフルリノベしてつくられた家。図面でビフォーアフターを見るとこうなります。

002_vol38_plan

もともと3LDKだった間取りは、玄関を境にして寝室と広々ワンルームの1LDKに変更。寝室と玄関の間には、クッション的な役割のクローゼットを配置しています。もちろん、引き戸を閉じることで、ひとつの部屋として区切ることができます。間取りはかなりこだわりのお考えがあるようです。

003_I7A4620

廊下や玄関など無駄な空間はつくらず、面積を有効に使いたいという希望がありました。土間が通路や玄関を兼ねていたり、クローゼットが寝室への動線上にあるなど、すべて使える空間となっています。(Mさん)

004_I7A4690

こちらはリビングからの写真。

無駄な間仕切りがなく、開放的な気持ちのいいリビング。夫婦でデザイン関係のお仕事をされているとあって、照明や家具などのセンスもいい感じです。

005_I7A4702

アイランド型のキッチンは、あえて家具っぽさを意識しているとか。回遊性があって、使い勝手がよさそうです。これからの家族のために、空間にかなりこだわったエピソードも。

006_I7A4769

窓側にはつくり付けのワークスペース。スチールと木を組み合わせたインダストリアルなデザインがかっこいいですね。

009_I7A4687
007_I7A4714
008_I7A4676

窓の外には、20㎡はありそうなテラス空間が広がっています。

休日はテーブルを出して、外で朝食をいただきます。右手に雑木林が見えて、ウグイスの鳴声が聴こえることも。遠くまで視線が抜けて居心地は抜群です。(Mさん)

将来的には植物をたくさん植えて、小さな森のようにしたいんだとか。だんだんつくり上げていく楽しみを語っていらっしゃいます。

生活にフィットする部屋を探すのではなく、部屋を生活に合うように自由につくり変える。マンション暮らしの場合でも、フルリノベーションならそれが可能というわけです。

こちらの物件を設計施工した「ReBITA」のHPでは、この部屋以外にもさまざまなリノベ物件が紹介されています。気になる方はこちらからどうぞ。

お宅拝見 VOL.38 M邸 [ReBITA]

010_I7A4723

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense