SHARE

本日ご紹介するのは、クリエーターが再現するレシピ

プロのクリエーターであるyanaさんの、趣味とは思えないほどの情熱と完成度の高さを持ったレシピには、ただただ驚かされます。ハードルが高いものもありますが、ぜひ真似をしてみては?

『オーバンド輪ゴムチョコ』

160330tsukuru01

え? 輪ゴムのオーバンド?食べ物のレシピじゃないのか? いえいえ、みなさま、安心してください。おいしいレシピですよ。

なんでもyanaさん、この箱のデザインに昔から惹かれていて、いつかのバレンタインでついに調理に取りかかったそうです。

150330tsukuru02

まずは、箱を6面に解体して、反転させて、プリントアウトしたら、クッキングシートで固定。

150330tsukuru03

楊枝を駆使して、楊枝よりも細い文字をチョコレートでなぞっていきます。オーバンドの売り「簡便! 経済!」も忘れてはいけません。

150330tsukuru04

色も忠実に。茶・白に加えて、黄色と赤の食紅を調合した、淡いオレンジの3色チョコレート。

2色で描かれている文字は、1色目を書いたら固めて、2色目を重ねていきます。その間にも固まっていくチョコレートを湯煎にかけながら。

150330tsukuru05

文字が書きおわったら、次は茶色のチョコレートで背景を。冷凍庫に入れて待つこと数分。

150330tsukuru06

ジャーン。色の再現度の高さに脱帽です。

150330tsukuru06-2

チョコレートを使って、組み立てます。

150330tsukuru07

さらに、さっきのオレンジ色のチョコレートが少し残ったので……

150330tsukuru08

輪ゴムー!

残ったオレンジのチョコを見るなり、パッとひらめくのが素敵です。

150330tsukuru09

見てください。オーバンドへの甘い愛を。レシピはこちら

『ニシンとカボチャの包み焼き』

150330EC.tsukuru

日本人なら、多くの人が食べたいと思ったことがあるだろうコチラ。

「魔女の宅急便」に出てくる、おばあさんが孫娘のために薪のオーブンで一生懸命焼いて、キキがお届けしたアレです。

ハロウィンが迫る時期。街の雰囲気から挑戦に至ったそうなのですが、なんとニシンが見つからなかったそう。思い描いたものを創りだすためには、多少の柔軟さも必要ということで、代わりにニシン科の真イワシで代用。

レシピのヒントとなるのは「ニシンカボチャ包み焼き」という名前だけ。

150330tsukuru11

カボチャは、ペースト状にして、

150330tsukuru12
150330tsukuru13

真イワシを開いたら、塩こしょうで味付けして、オリーブオイルでソテーします。少しハーブを散らして。

150330tsukuru14

ソースは、オーブン料理と相性のいいベシャメルソースに。ホワイトソースと別にたまねぎを炒め、秋の味覚しめじとともに投入。塩こしょうで味を整えたら、ソースができあがり。

150330tsukuru15

大きめの耐熱皿にバターを塗って、かぼちゃのペーストを敷き詰めたら、ソテーしたイワシを並べて、

150330tsukuru16

ソースをかけて、スライスしたカボチャも並べて、

150330tsukuru17

あとは、パイ生地であのビジュアルを再現するのみ。サカナ型にカットしたパイシートをかぶせ、卵の黄身をたっぷり塗って、オリーブで飾り付けたらオーブンへ。

150330tsukuru19

夢に見た「ニシンとカボチャの包み焼き」。カボチャの甘みとイワシの塩気。トロトロホワイトソースとパリパリのパイ生地。バランスが絶妙で、とってもおいしいとのこと。

レシピはこちら

『たべっこ絶滅どうぶつ』

150330tsukuru24

ん?そのままだよね? と思ったみなさま。彼女の巧みな創作に、まんまと騙されていますね。

早速、作成過程を見てみましょう。

150330tsukuru25

絶滅危惧種のどうぶつの写真を見ながら、厚紙でビスケット型を作っていきます。奥には「オオウミガラス」を表示した携帯が。

150330tsukuru26

オオウミガラスに続き、メガネウにステラーカイギュウ、 クアッガにゴクラクインコなんて、聞いたこともないような名前が続きます。ドードーだけは聞いたことあるかな。

150330tsukuru27

手作り型でビスケットを製作。型制作や名前の刻印でも、試行錯誤が繰り返されているのですが、今回は、涙を飲んでパッケージ制作に焦点を当てます。

150330tsukuru28

まず、元のパッケージを解体して、スキャンして、パソコンに取り込みます。

150330tsukuru29

どうぶつたちを退園させたら、

150330tsukuru30

yanaさんによる、たべっこどうぶつ的なタッチの絶滅どうぶつ!

150330tsukuru31

これまた、たべっこどうぶつの”ギンビス”なフォントで”ゼツメツ”に変身したロゴ! 

側面、裏面、上蓋にいるどうぶつたちも、すべて絶滅どうぶつに変身させて、厚紙に印刷して、組み立てると、

150330tsukuru32

右が、たべっこ絶滅どうぶつ

どうでしょう!

150330tsukuru33
150330tsukuru34
150330tsukuru35

想像をはるかに越える再現度。たくさんの絶滅どうぶつが隠れているにも関わらず、これがスーパーに並んでいたら、「へぇ〜、ぜつめつ危惧種バージョン出たんだ」なんて呟いてしまいそうです。

レシピ編はこちら、パッケージ編はこちらです。

150330tsukuru20
150330tsukuru23

そのほか、「毒きのこの山」や「メリーゴーランドケーキ」のレシピも。

プロのクリエイターのレシピは、まさに本気のお遊びで、そして世界が少しばかり、楽しく見えそうなレシピでした。レシピをじっくり読んでいるだけで、yanaさんの魅力の虜になっているから不思議です。

それぞれの材料やレシピは、ブログに詳しく載っていますので、興味のある方は試してみてください。

yananyokinyoki 作るシリーズ

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense