脚光を浴びるココナッツ。スポーツの際にココナッツウォーターを飲んだり、料理にココナッツオイルを使うことも定番化してきました。

そして今、それに追随する勢いを見せているのが、「ココナッツパウダー」なんです。

ココナッツパウダーの人気のひみつは栄養価の高さ

おいしいお菓子を作って食べたいけれど、カロリーを抑えたい。ココナッツの風味が大好き。そんな人がスイーツを作る際には、小麦粉の代用としてココナッツパウダーはおすすめ。

インスタグラムにも、ココナッツパウダーを使ったお菓子がたくさんアップされています。

カスピ海ヨーグルトにグルテンフリーグラノーラを+。さらに、ココナッツパウダーをトッピングして簡単ヘルシーな朝食メニューが完成。

この時期おいしいイチゴ大福にココナッツパウダーをまぶして。新感覚の和スイーツに。

シンプルなクッキーは、ココナッツの香りが引き立ちそう。

ココナッツパウダーは、ココナッツの実を乾燥させ挽いたもの。乾燥のプロセスで脂質が抜けるため、カロリーが低くコレステロール・フリーなんです。よくお菓子作りや、ケーキのデコレーションとして使われているココナッツ・ロングに比べると、そのカロリーは4分の1になるそう。

さらに、栄養価が高いながらも、たんぱく質が豊富ですべての必須アミノ酸を蓄えているため、血糖値を下げてくれる働きを持つことから、女性のダイエットの強い味方となってくれます。

いろいろな料理に応用できる

繊維質が非常に多く(大さじ1杯に5g)、消化がよいこと。グルテンフリーなので、セリアック病などのアレルギーを持つ人にもおすすめだということも見逃せません。

アレルギーを気にせず使えるため、様々なお料理のバリエーションが広がり、楽しむことができそうです。

私が実際に使ったみたところ、テクスチャーはまるで米粉のようにサラサラしているので、混ぜる際にはとても扱いやすい印象を受けました。

小麦粉のようにダマになることもないので、お菓子以外にもソースなどを作るのに使用しています。

また、粉自体にほのかな甘みといい香りがするために、砂糖の量を減らすことができ、お菓子がとっても上品に仕上がり、変な胸やけがしないんです。

私の中で、まだまだ研究途上のココナッツパウダー。オリジナルのレシピを発見していきたいと思います。

image via Shutterstock

Ranking