20160331_roomie_makuake8

SHARE

家族での食事、友人を呼んでのパーティ。

おいしい料理はもちろん必須ですが、そこにいい音楽もあれば、食事の時間がもっと楽しく、盛り上がりますよね。

20160331_roomie_makuake7

家具×ITを融合させ、これまでにないプロダクトを生み出す「KAMARQ HOLDINGS」。

第1弾のプロジェクトとして、好きな時間に、好きな音楽をテーブル自体が奏でてくれる「SOUND TABLE」を発表しました。クラウドファンディング「Makuake」にて、先行予約がスタートしたばかりです。

20160331_roomie_makuake5

このテーブルは、テーブルとスピーカー、USB端子、電源を組み合わせたもの。デザインプロデュースは、建築・インテリアデザイン事務所「intentionallies」の鄭秀和さん。

20160331_roomie_makuake3

おもしろいのは、「スピーカー付きのテーブル」ではなく、「テーブルそのものがスピーカー」という発想。薄型スピーカー2つを内蔵し、スピーカーの開口部はテーブルになく、技術により天板全体が振動して音を奏でます。

20160331_roomie_makuake2

テーブルの側面には、電源とUSB端子があるので、パソコン仕事や携帯電話の充電、スタンド照明を持ってくることも可能です。鉄板焼きプレートを置いて、鉄板パーティーもできます。

20160331_roomie_makuake4
20160331_roomie_makuake9

専用アプリと連携させ、アプリ上で自分だけのタイムテーブルを設定したり、好きな時間に流れるよう、セットしておくこともできます。朝ごはんと一緒に目覚めの一曲が流れ始める、のも悪くありません。

しかも、住んでいる地域の天気を、音楽で知らせてくれるらしいです。いろんな便利グッズがぎゅっと詰まった感じですね。

20160331_roomie_makuake912
20160331_roomie_makuake910
20160331_roomie_makuake913

種類はダイニングテーブル、ローテーブル、ベッドサイドテーブルの3種類。それぞれにカラーバリエーションがあります。使いたい生活シーンに合わせて選べますよ。

20160331_roomie_makuake

作っているのは、インドネシアだそうです。日本企業の厳しい品質基準を満たして鍛えられた経験、知識、クオリティによって、品質はしっかり保証されています。

音楽はオーディオを、食事はテーブルを、充電は向こうで……と分けなくても、すべて一緒にできてしまうから、「かゆいところに手が届く」スマートな生活が送れそうです。

音を奏でるテーブル!『SOUND TABLE』by KAMARQ [Makuake]

20160331_roomie_makuake8

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense