花粉症対策だけでなく、部屋でペットを飼っている人、アレルギー体質の人の救世主に!

ますます進化するダイソンが、本日3月24日(木)、空気清浄機能付きファン「Dyson Pure Cool™」の進化版として、「Dyson Pure Cool™ Link(ダイソン ピュア クール リンク)」を発表しました。

160324dyson

最大の特長は、ダイソン独自の「Dyson Linkアプリ」を使うことで、屋外および室内の空気の状態をチェックでき、自動で風量を調節したり、スマホから遠隔操作したりできるところ。

150324dyson

発表会に登場したのは、今回のプロダクト開発の中心的な人物ヒューゴ・ウィルソンさん。

見た目はこれまでとまったく同じですが、新商品の「Dyson Pure Cool™ Link」は内蔵された複数センサーを使い、空気中の有害物質を検知することができます。

Dyson_Pure_Cool_Link_Gallery_App_JP

部屋の状態はアプリを使うことで「可視化」され、外出先など離れた場所からでもチェックできるしくみ。屋外の空気室の分析を行っているBreezoMeter社と提携することで、屋外の状態もリアルタイムで把握することができます。

空気の状態だけでなく、温度と湿度まで把握できるのはちょっとうれしいかも。

Dyson_Pure_Cool_Link_Shop_Silver_Tower

もちろん、空気清浄機としての性能はすでに保証済み。前モデルと同じく、微細なPM0.1レベルでも99.95%取り除く「360°グラスHEPAフィルター」を搭載。ちなみに、新たな機能として「ナイトモード」が追加されています。

各販売店での公式発売日は、4月28日を予定。価格は、タワーファンが64,800円(税抜)。テーブルファンが49,800円(税抜)。詳しくは公式サイトをどうぞ。

部屋で空気清浄器を使っていても、空気が本当にきれいになっているどうかって、なかなか実感できなかったりしますよね。でも、スマホを見ながら空気の状態がチェックできるなら、ムダに運転しつづける必要もないし、電気代やフィルター代の節約にもなりそう。

花粉がピークのこの季節に、活躍しそうな一台です。

Dyson Pure Cool™ Link [dyson]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense