SHARE

「生活感にあふれた空間はイヤだけど、生活感がない殺風景なのもイヤ」

そんな気持ちに答えてくれるかもしれないのが、親しみのある伝統を取り入れながらもモダンな空間を作れるこのイス「WW Chair」。

H-WW-Chair-Hierve-12

ベースとなるのは、17世紀のイギリスで生まれ、現代でも作られている数少ない家具と言われるウィンザーチェア。そんなレジェンド級のイスを、現代的な技術と解釈でワイヤーを使い再構築した作品です。

H-WW-Chair-Hierve-6

あたたかみのある曲線と放射状のワイヤーによる、整然としたプロポーションや素材の組み合わせの妙が特徴。それらが慣れ親しんだフォルムに落とし込まれています。

その姿はまるで空気のように自然でありながら、適度な緊張感も。

WW-process-14

ロンドンをベースに家具作りを行っているH Furnitureによる商品で、丁寧なハンドクラフトで作られているよう。

素材違いやカラーバリエーションも用意されているので、お好みでカスタムしてのオーダーも楽しそう。

H-WW-Chair-Hierve-2

最新型の温故知新。ロンドンらしいプロダクトです。

[H Furniture]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense