SHARE

世界には、地上400メートル、100階以上の超高層マンションがあります。現時点でも、アメリカで世界最高の高さになる予定のマンションが建設されているそうです。

日本でも、30階以上のタワーマンションが次々と建設されていますね。タワーマンションの眺望や開放感、空の上のような生活は特別なものなのかもしれません。

でもタワーマンションでは、洗濯物を外に干したり、バルコニーでのんびりくつろぐことはなかなか叶わないもの……。

160317EVbloomframe1

高層でも、バルコニーで外の風を感じたい! そんな願いを叶えるのが、可動型バルコニー「Bloomframe®」。

オランダのアムステルダムを拠点とする建築スタジオ「HofmanDujardin Architects」が開発したシステムで、窓枠がボタンひとつで自動的に建物の外にせり出して、バルコニーに変形するんです。

上が通常の状態。

160317EVbloomframe2

少し前にせり出してきています。

160317EVbloomframe3

だいぶ折れ曲がってきました。

160317EVbloomframe5

そろそろバルコニーが登場しそう。

160317EVbloomframe7

バルコニーができました。

動画で見ると、わかりやすいです。

足元は、ガラス張りと不透明を選ぶことができます。高層階から下を見るのはかなり勇気がいりそうですが……。

もっとも気になる強度は、成人男性10人が乗っても大丈夫とのことだから、驚きです!

160317EVbloomframe12
160317EVbloomframe13
160317EVbloomframe15

すでにアムステルダムの高層マンションで試験運用がされているので、各国の建築法などに合えば、世界の高層マンションや高層ビルで、バルコニーライフを満喫できる日が来るのかもしれませんね。


一生に一度くらいは、風を感じながら街並みを見下ろし、ワインやカクテルでも傾けてみたいものです。ちょっとドキドキしそうですけど。

Bloomframe®
Bloomframe® [Youtube]
Bloomframe® apartment building [Youtube]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense