160315_1

SHARE

ヘイ! そこのあなた、突然ですが質問です。北欧家具といえばどんなイメージですか?

おしゃれ、かわいい、優しい雰囲気……。

そう、もはや北欧家具のおしゃれっぷりは満場一致感ありますが、だいたいはチーク材でできた深いあめ色の家具のことを思い浮かべる人も多いと思います。

実際、デンマークの住宅にお邪魔すると、カッコとかまったく気にしてなさそうなおじさんの家でも、ウェグナーの家具が並んで、ギョッとするほどモダンだったりして。日本の実家にあるちゃぶ台とかと同じく、昔からのド定番家具なんですね。

では、デンマーク人は新しいものに興味がないかというと、むろんそんなわけはなく、今彼らの心を満たすインテリア界のニュースタンダードが、〈HAY〉と言えるでしょう。

160315_LOGO

HAYと書いてヘイと読む。その名の由来は創業者であるRolf Hay(ロルフ・ヘイ)氏から。

「VEROMODA」「JACK & JONES」などを持つアパレルグループ、Bestseller社によって2002年に設立され、2003年のケルンメッセでデビューした、デンマークのインテリア・プロダクトブランド。どうりでおしゃれなわけです。

160315_8160315_9

まず目を惹くのが、色使い。ペパーミントグリーン、レモンイエローなど、ファッションのようなカラーリングを雑貨や家具にこれでもか、と使用しています。インテリアのポイントとして使うだけで、いきなり部屋がおしゃれになっちゃうほど。

160315_10

しかも、オリジナルのビンテージほど高くなく、イケアほど安くもない「ちょうどいい」ところをついた値段設定。

あと、意外と知られていないのは、デザインそのものは50〜60年代の偉大なデンマーク家具から引っ張ってリプロダクトしたものも多くあること。そう、デザイン自体は、何気に名作ものが多かったりするのです。

160315_7

ちなみに、これはあるデンマーク人の家。ビンテージとHAYの家具がいい感じでミックスされています。

そこで、HAY初心者におすすめしたい「まずこれからいっとけ」的なプロダクトをご紹介。

160315_12

まずは、グラデーションが爽やかなカラーグラス。レモネードとかシュワシュワ系の飲みものが似合いそう。

160315_3 160315_2

皿拭きが楽しくなる、アート作品のように斬新でモダンな配色のティータオル。デザインを手掛けたのは、オランダ人デザイナーユニット、Scholten & Baijings(ショルテン&バーイングス)。

88937032_o4

さらに同じデザイナーによる、シンプルな幾何学模様とポップなカラーがチャーミングなカラークロス(台拭き)。見えるところに干してあるといきなり所帯臭くなる、でもしまうと生臭くなる問題が、これで解決。

160315_8

デザイナーRonan & Erwan Bouroullec兄弟が手がけた、ラウンドテーブルCPH20。オーク材を用いたレッグ部分は、くらげのような(?)3本脚でスタイリッシュ。天板はリノリウムなので、お手入れも簡単です。

160315_4
これは、1960年代、Folke Pålsson(フォルケパルソン)によって設計された名作チェア「J77 Chair」の復刻版。ダイニングテーブルはもちろん、キャビネットの横にぽつんとあるだけで存在感があります。


これが部屋にあることを考えるだけで、ちょっとワクワクしてきたでしょ? 北欧家具を扱うhalutaのサイトか、神田にあるマーチエキュート神田万世橋の「haluta kanda」にダッシュしましょう。

HAY[haluta]

160315_1

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense