20160314_roomie_basket2

SHARE

冷蔵庫に入れなくていい野菜たち。どう保管してますか?

バスケットや袋に入れて、棚や箱、足下に置く人が多いのかなと思いますが、やっぱりゴチャゴチャするし、場所を取ってしまいますよね。

160311wirebasket02

ここはひとつ、頭をやわらかくして、天井からぶらさげてみるなんてどうでしょう。

20160314_roomie_basket

アメリカのワイアーアーティストDave Charestさんによる、野菜や果物用のバスケット

ポンと入れるだけのバスケットなので、収納が苦手な人にオススメです。野菜や果物は口に入れるものですから、そのへんに転がさず、簡単・きれいに保存したいですしね。

160311wirebasket01
160311wirebasket03

ふだんは暗いところに隠れている野菜たちが、心なしか嬉しそうに見えます。それに、頭の上に色とりごりの野菜があれば、キッチンが楽しい雰囲気になりそうです。

160311wirebasket04

壁掛けタイプ

頑丈にできているので、玉ねぎやオレンジなど、重い野菜や果物もどんどん入れて大丈夫。

見えないところに保存していると、知らない間に悪くなっちゃうことも多いですよね。でもこれなら、いつも目に入るので、おいしい状態でいただくことができるのもいいところです。

160311wirebasket05

金色のバスケットは、コーティングなしの銅ワイヤー。天然の抗菌性の金属で、ウィルスを殺してくれます。銅は使っているうちに変色しますが、ケチャップやレモンで洗えば、また輝きだしますよ。

だんだん愛着がわいてきて、常に野菜や果物でいっぱいにしたくなってしまうかもしれません。お肉や甘いものに偏りがちな人には、健康な効果もあったりして。

160311wirebasket06

オニオンウォールバスケット

たまねぎ専用のバスケットは、ガーリックにもぴったり。

銅のバスケット以外はサイズが色々あるので、果物用、重たい野菜用などに分けて、3個くらいぶら下げると楽しいですね。

カラフルで明るいキッチンで料理を楽しみましょう! 購入はこちらから。

Hanging Wire Sphere Basket [Charest Studio]

20160314_roomie_basket2

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense