shutterstock_129082148

SHARE

世界中で愛される、北欧生まれの「ムーミン」。

そんな「ムーミン」の生みの親、トーべ・ヤンソンさん。世代を超え、多くの人々を魅了する彼女のインスピレーションは、一体どこから生まれていたのでしょうか?

shutterstock_129082148

ヘルシンキ郊外の小島にある、彼女が建てた「サマーハウス」を覗きながら、そのルーツを探ってみます。

0310moolin03

まるで絵本の世界をそのまま描いたような、かわいらしい内装。

0310moolin08

このオレンジの椅子、ムーミンパパがゆらゆら揺れながら新聞を読んでいる姿が、浮かんできそうですよね。

父は彫刻家、母は画家という芸術一家の長女として、フィンランドはヘルシンキで生まれたトーベさん。彼女は幼い頃から、まるで呼吸するように芸術に親しみ、若くして絵本作家や画家として活躍しました。

トーベさんの母はおおらかでしっかり者だったそうで、トーベさんの父はのびのびと芸術に浸ることができたそうです。彼女の両親の性格は、そっくりそのままムーミンママとパパに重なりますね。

0310moolin05

なんだかおもちゃのようなキッチン。年代物の鉄製ストーブで鍋をぐつぐつ温めているだけで、なんだか絵本の世界に入りこんでしまいそうです。

0310moolin06

調味料やスパイスを木製の棚にディスプレイしているだけなのに、すてきなこだわりを感じます。

0310moolin070310moolin090310moolin04

見ているだけで心が躍る、北欧柄のカーテンやテーブルクロス。年月を感じるどこか懐かしい感じと、ポップな北欧デザインが部屋の中で見事に調和していて、見る人の心を穏やかにしてくれます。

この上手なコントラストは、ぜひ今後のお部屋作りの参考にしたいですね。

建設当初、水道や電気も通っていないサマーハウスでしたが、トーベのパートナーのトゥーリッキ・ピエティラと共に、自分たちにしっくりくるスタイルに仕上げていきました。毎年夏が来るたびに、自然と向き合いながらこの家で余暇を過ごしたようです。

0310moolin020310moolin010310moolin10

「大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってるってことだよ」

あのスナフキンの名言が今にも聞こえてきそうな、彼女のサマーハウス。

自分らしく生きるヒントが、たくさん隠れています。

Moominpappa image, Snufkin image via Shutterstock

Klovharun – Jansson Island[YouTube]

shutterstock_129082148

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense