0310ECeames

SHARE

建築界に大きな影響を与えたと言われるチャールズ・オーモンド・イームズと妻のレイ・イームズ。遊び心と機能性を兼ね備えた作品は、世界中の多くの人から愛されています。

そんな彼らの設計による自邸は、今すぐ取り入れたくなるようなインテリアのアイディアの宝庫。一体どんなテクニックが潜んでいるのか、魅力あふれるイームズ邸を覗いてみましょう!

木々の中をぐんぐん歩いて進んでいくと……。

見えてきました! 装飾がなく、四角いシンプルな建物。これは約20年前に撮影された動画ですが、いま見てもモダンな建物であることが一目瞭然ですね。

0310eames01

独創的なつくりでありながらも自然に囲まれ、まるで木々の中に浮かんでいるかのような設計。自然と共存している臨場感を、日々しっかりと感じることができそうです。

個性を感じる一方で、「住みやすさ」と「ローコスト」を実現させたイームズ邸。気になるその中に入ってみると……。

0310eames04

思わず「わぁーっ」と大声で叫びたくなる、吹き抜けになった開放的なリビング。

0310eames05

木々からの木漏れ日も気持ちよさそうです。

0310eames02

どうです? これだけ天井が高いと、部屋がより広く感じますよね。

0310eames07

2階にはらせん階段を採用し、階段を昇る度にワクワクさせてくれそうです。

0310eames08

とてもシンプルなキッチンダイニングスペース。丸テーブルを主役にシンプルにコーディネイトしています。

アコーディオンカーテンが設置されているので、来客時など生活観を隠すこともできそうです。

0310eames03

壁をくぼませて作った空間「アルコーブ」には、お気に入りの本を並べてもいいし、海外からのお土産を並べるなど、自分好みに仕立てても素敵ですよね。

部屋にかけられている木製のはしごや、本棚に置かれている工芸品ひとつを取っても、夫妻のこだわりやぬくもりが、ひしひしと伝わってきます。

イームズ邸で気になったアイディアを参考に、ぜひ自宅でも再現して楽しんでみてはいかがでしょう?

0310ECeames

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense