SHARE

大きな車を停める場所が欲しい。周囲を気にせず、隠れ家のような場所で自分だけの時間を楽しみたい。

関口太樹+知子建築事務所が設計した「Mountain House」は、そんな思いから生まれた家。

20160308mountain2
20160308ECmountain

わずか8坪の小さな小さな土地のため、敷地目いっぱいに家を建てるしかありませんでした。

隣接地も建て込む住宅街に建つため、ギリギリまで建てると圧迫感が否めません……。そこで、壁を上部に向かって傾けることで、隣の建物との間に隙間をつくりました。同時に、建築面積に入らない外づけ階段などを採用し、空間を最大限に確保したのです。

そうしてできた家は山のようなかたちに。

20160310mountain10
20160310mountain11
20160308mountain5

天井に開閉式の大型の天窓を設置したことで、人目を気にせずに、自然の光が楽しめる明るい空間が生まれています。

室内は木のあたたかみが感じられ、自分だけの時間を大切にできそうです。

20160308mountain6
20160308mountain7

大型四輪駆動車を停めることに重きを置いた家なので、駐車スペースは土地の小ささを感じさせない、ゆったりとした空間に。白い壁が空間をシンプルに統一して、車の存在感を際立たせてくれそうです。

好きな車も、自分だけの秘密の時間も楽しみたい。都会の小さな土地だからって、その思いを諦めることはないんですね。「理想の隠れ家」のような家、建てることができるんです。

Mountain House [関口太樹+知子建築事務所]

Photographed by 関口太樹+知子建築事務所

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense