160303oli13_1

SHARE

シューズのパッケージは、シューズの型くずれなどを防止するため、丈夫な素材でつくられているもの。靴を新調したら、ポイっと捨ててしまわずに、空き箱をリメイクしてみませんか?

はさみやカッターナイフで箱を切り開き、ホチキスでパチンと留めるだけで、ちょっとした収納スペースに生まれ変わる、お手軽なリメイク術をご紹介します!

『レタートレー』

160303oli13_4

空き箱を完全に開いて、両サイドを切り落とし、三角柱のように折り曲げたら、ホチキス留め。これを山型に置き、カッターナイフで切り込みを入れれば、葉書や書類などを差し込める卓上レタートレーになります。



『ブックスタンド』

160303oli13_3

ふたの部分を残して箱を開き、両サイドを切り落とします。ふたを外向きにして、三角柱のように折り曲げたら、ホチキスで本体に留めましょう。これを横置きすれば、ブックスタンドに早変わり。タブレット端末などのスタンドとしても使えますよ。



『壁面収納シェルフ(その1)』

160303oli13_5

ふたの部分を残して箱を開き、半分に切り落とし、ふたに接する面とふたの面だけ使います。ふたを底にして置き、両サイドを内側に折り曲げて角を留めましょう。これをそのまま画鋲で壁にとりつければ、ちょっとした壁面収納に。アクセサリーや文房具など、小物がスッキリと片付けられますね。



『壁面収納シェルフ(その2)』

160303oli13_6

空き箱を完全に開いて、両サイドを切り落としたら、少し縁を残して、ふたの面を長方形に切り抜きます。ふたの糊付け部分を折り曲げ、本体とホチキス留めしたら、そのまま壁へ。切り抜いた長方形の部分との間に、収納スペースが生まれます。



『壁面飾り棚』

160303oli13_2

空き箱を完全に開いて、両サイドを切り落とし、ふたの糊付け部分を外側に折り曲げて、ホチキスで本体と留めます。ホチキス留めした部分を下にして壁に取り付ければ、シンプルな飾り棚が完成です。




これらのリメイク術はいずれも、スペインのシューズブランド「Oli13」が、プロモーション動画として公開しているもの。本来、“脇役”であるはずのパッケージに焦点を当てたプロモーション活動とは、なんともユニークですね。

More than just a shoebox …by Oli13 [YouTube]
[Oli13]

160303oli13_1

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense