我が家の犬がハッピーならば、私も幸せです。とはいえ、どうせなら犬も人間もハッピーがいちばん!

160228updogtoys01

愛しのワンコの頭を鍛えながら、幸せそうな笑顔を拝めて、ついでに人にもありがたい、犬のおもちゃ〈The Odin〉をご紹介。

これまでの犬のおもちゃの概念を遥かに越える見た目のクールさはさることながら、ワンコが喜んでくれるであろうポイントが2つあります。

1:パズルが楽しめる

160228updogtoys02

The Odinには、いくつかの、形や大きさの異なる穴が開いています。

160228updogtoys03
160228updogtoys04

どこの穴からどうしたら、と頭と前足をフルに駆使して、中にあるものを取り出すパズル。

160228updogtoys05

あれ、こっちかなぁ。

160228updogtoys06

すぐそこにあるんだよなぁ。

2: ごほうびがもらえる

ワンコが、こんなにも一生懸命、中から取り出そうとしているモノは、一体なんでしょう。

この穴は、ワンコへのご褒美である1粒2粒程度のドライフードや、犬用クッキーを入れるのにちょうどいいサイズ。脳が刺激されて、ご褒美を見つけて、走り回れないお家の中でも、ストレスなく楽しめそう。

160228updogtoys07

おっ。やっと出てきた。今日のはちょっと難しかったな。カリカリ。

こちらのおもちゃ自体、ワンコの体にも安全な素材でつくられていますが、噛んだりして遊ぶようにはつくられていません。一番最初は、ワンコの前で、振ったり回したりして、ご褒美が穴から落ちてくるのを見せてあげてください。噛み始めたら取り上げて、正しい遊び方を教えてあげてくださいね。

なお、〈The Odin〉は2つ以上を繋げることもできます。慣れてきたら、どちらかにご褒美を入れたりして、もう少し上級向けにアレンジしてもいいですね。

さて、その一方で人にとってもうれしい点があります。それは、プロダクト自体のデザイン性が高いこと。

160228updogtoys08

自分が好きな空間に、どんなものを置くかはとても大切です。ワンコを愛しているからといって、好きなお部屋をの景観を諦めてしまう必要はまったくありません。こんなアイテムなら、クールだし、ワンコも楽しんでくれるし最高ではないでしょうか。

ワンコが一生懸命チャレンジしている姿と、やっと取り出したご褒美を前に幸せそうな顔。そんないろんな表情を垣間見えるのも、人間のうれしいところですね。

購入はこちらから。なお、売り上げの1%は、動物を救う団体に寄付されます。

THE ODIN  [Up Dog Toys]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense