SHARE

鉄や銅などの金属を空気にさらすと、酸素や水と酸化還元反応を起こし、やがて生成される錆(さび)。この身近な化学反応を、クリエイティブなうつわづくりに活かしてつくられたのが、「RUST」(ラスト ※英語で錆の意味)です。

160228rust6

「RUST」は、ロンドンを拠点に活動するフランス人デザイナーAriane Prin(アリアネ・プリン)さんの最新コレクション。トレイや浅いボウル、箱、花瓶、植木鉢といったプロダクトを展開しています。

プロダクトの素材は、鍵の切削加工で廃材となった金属粉に石膏を混ぜただけの、シンプルなもの。素材を型へ静かに流し込み、数日そのまま乾かした後、型を抜いて、丁寧に削りながら形を整えていきます。

160228rust2

不規則にあらわれる、ブラウンやオレンジのざらざらとしたドットは、錆によるもの。型に入っている間に、石膏に混ぜられた金属粉が自然に酸化し、錆が生じるというわけです。

160228rust3

プロダクトにあらわれる錆の色や強度、手触りは、それぞれ異なるそう。ひとつひとつが、世界にまたとないプロダクトとなっています。

SONY DSC

「RUST」は、2015年9月の「London Design Festival 2015」で初披露され、2016年2月には独フランクフルトの国際消費財見本市「Ambiente(アンビエンテ)」でも、有望な若手デザイナーが招待出展する「Talents(タレンツ)」に参加。世界各地から集まった専門家やキュレーター、ジャーナリストから、高く評価されました。

160228rust5

「RUST」は、化学の原理とプロダクトデザインを融合させ、新たな表現手法を生み出している点が秀逸。身近な原理や法則の中に、今まで気づかなかったものづくりへのヒントが、意外とまだ潜んでいるのかもしれません。

PRIN LONDON

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense