160314_EC_teo01

SHARE

夜寝る前に、本を読んだりアロマを焚いたりしてリラックス…そんなときには、部屋の明かりにもこだわりたいところ。

寝る前にはあまり強い光を目に入れず、テーブルランプやスタンドライトなどの、少し暗めの間接照明で過ごすと、リラックス感が増して眠りやすいといわれています。

そんなベッドサイドに置くランプでおすすめなのが、こちらの「CAP TABLE LIGHT」。

160314_teo10

大きな帽子をかぶったような形をしているのでこのような名前になっていますが、これはどこからどう見ても……キノコ!

テーブルの上に置くと、まるでテーブルからキノコが生えてきているように見えます。寝室がメルヘンな空間に早変わりしそうですね。

子供部屋にもぴったりなので、このランプをつけて不思議の国のアリスやヘンゼルとグレーテルなど、メルヘンな絵本を読んであげましょう。

160314_teo09

メタルでできたシェードの内部で光を反射させ、足の部分の乳白色のガラスから光が漏れ出てきます。

見ているとほっとするような、暖かみのある光ですね。金属の光沢が、少しゴージャスも醸し出します。

160314_teo11

シンプルな流線型のフォルムは、シェードのメタルも、足の部分のガラスも全て職人の手によって一つずつ作られています。

こちらは、乳白色の手吹きガラスを作っている様子。

160314_teo06

こんなこだわりのランプを作っているのは、ドイツのインテリアブランド「TEO」。2013年に、ドイツ人デザイナーDavid BaurとLena Billmeierによって設立された、新進気鋭のブランドです。

伝統的な素材で、長く使えるものを作る」という理念で、照明や家具などを生み出しており、「CAP TABLE LIGHT」のような、メタルとガラスを組み合わせたライトはシリーズで展開しており、ペンダントライトも販売しています。

160314_teo04
160314_teo02
160314_teo12
160314_teo13

どれもシンプルだけど丸みのあるフォルムがかわいらしく、カラフルな塗装がお部屋のアクセントになってくれそうです。

CAP TABLE LIGHTは、日本だとこちらから購入が可能。
お部屋にキノコ成分をプラスしたい!という方は、導入してみてはいかがでしょう。

CAP [TEO]
CAP TABLE LIGHT [VARIAS]

160314_EC_teo01

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense