160225_roomie_reefer_004

SHARE

ワインを呑むと、次の日に頭が痛くなったりしませんか。呑みすぎたのもあるだろうけど、そもそも体質に合わないのかもしれませんね。

……いえいえいえ。ワインは本来は生鮮品なので、温度を調整しないで保管していることに問題があるようなんです。

ThinkstockPhotos-159292161

日本に輸入されてくるワインは、ドライコンテナ(いわゆる普通のコンテナ)で運ばれてきます。

ワインは20℃を越えると傷んでしまうらしいんですが、赤道を通るときにコンテナ内の温度は40℃(!)に上がるんですって。しかも赤道は2回通るから、温度が上がって、下がって、また上がって、となるわけです。これを魚や野菜で考えると……なんだか心配になっちゃいました。

この温度の変化が、熱劣化を引き起こして、ワインの香りや味わいを変え、悪酔いしてしまうそうなんです。二日酔いのつらい思い、もうしたくないんですが……。

160225_roomie_reefer007

Fukumasa ReeferWine(福昌)」は、日本初のリーファーワインの専門店。冷蔵機能が付いたリーファーコンテナを使って、イタリアのワイナリーから自宅まで、24時間15℃前後の定温管理したワインを届けてくれるんです。

160225_roomie_reefer001

これは「モンテプルチアーノ ダブルッツォ“レ モルジェ”」というワイン。1,760円(税抜)と、意外にお安い。

160225_roomie_reefer02

この銘柄のリーファーワインと、通常のコンテナで運んだワインを試飲させていただきましたが、編集部みんなから「ぜんぜん違う!」という声が上がりました。

リーファーワインは、香りにフルーツ感があり、すっきりと喉を通って飲みやすかったです。

もうひとつも、もちろんおいしいんですが、比べちゃうと香りがすっぱく感じられて、味も渋みが際立っていてイケていない……。

160225_roomie_reefer05

これなら二日酔いにならずに、しかもおいしいワインを家で呑めそうです。う〜んイタリアの風を感じる。

セット販売もしているので、日常使いはもちろん、ホームパーティやプレゼントにも最適です。


machi-ya(マチヤ)に出店をご希望の方は、こちらから登録をお願いします。クラウドファンディングへの参加もお待ちしています。

Fukumasa ReeferWine[machi-ya]

Drunk male friends Image by Getty Images

160225_roomie_reefer_004

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense