夏目漱石、太宰治、芥川龍之介、宮澤賢治、坂口安吾……。

時代を越えて愛される日本の文豪たちの作品、誰もが1度は目にしたことがあるでしょう。

160222watoji-03

文學堂〉が販売するステーショナリー「文學堂オリジナル和綴じノート」は、そんな日本の文豪たちの作品を、暮らしの中で楽しむアイテム。日本の伝統的な「和綴じ」で製本され、作品をイメージした図柄がプリントされた表紙と、表紙に合わせた色とりどりの糸で綴じられています。

160222watoji-04
160222watoji-05

和綴じノート(単行本サイズ)夏目漱石『それから』

夏目漱石の『それから』は、主人公の人となりがわかりやすく描かれている、園遊会での1コマをイメージ。

160222watoji-06
160222watoji-02

和綴じノート(文庫本サイズ) 宮澤賢治『注文の多い料理店』

宮沢賢治の『注文の多い料理店』は、お店の扉を開けるとレッドカーペットの先で「いらっしゃ~い」と舌なめずりをしている西洋料理店のイメージです。

つくり手のぬくもりを感じるこのノート、単行本サイズ、文庫本サイズがあります。ノートっていくつあっても困らないし、これだけポップでかわいいと自分の好きな作家のシリーズを揃えたくなりますね。

160222dazai-02

筒型ペンケース 太宰治『ヴィヨンの妻』

160222dazai

筒型ペンケース 太宰治『走れメロス』

物語の絵柄をモチーフとした紙筒型のペンケースも、物語の絵柄をモチーフにしたもの。文学好きの方へのプレゼントにして、どの作品や場面を表したものか当ててもらうのもいいですね。

160222dazai-04

足袋ソックス 宮澤賢治『銀河鉄道の夜』

160222miyazawa-02
160222miyazawa-03

文庫本仕様のパッケージに入った、文學堂オリジナル足袋ソックス「ブンガクツシタ」。宮澤賢治の代表作『銀河鉄道の夜』は、星がきらめく宇宙、銀河鉄道の蒸気と煙がモチーフになっています。


他にも、消しゴム、鉛筆、缶バッジの他、文豪たちのさまざまな作品をモチーフにしたステーショナリーがあるようです。太宰治や夏目漱石の小説は買えないけれど、別の角度から小説の世界へ近づくことができますよ。

オンラインショップはこちらへどうぞ。

文學堂

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense