なんとも気持ちよさげな表情を浮かべています。

一張羅のように見えて、毎日毎日更新される猫の毛皮。ブラシを持っているのを見つけると、「さあさあ、早々に近う寄って私の毛づくろいをせよ」という表情で鎮座するのは、我が家の猫に限った話ではありません。毛づくろいさせてくれるのは、信頼の証であると前向きに解釈したいところです。

持ってるんなら早くしろという猫様のリクエストにお応えして、ファーミネーターを片手に、毛づくろいをスタートすると、一箇所にまとめたつもりの猫抜け毛が方々に飛び散ってしまいがち。

あちらこちらにできる、白い靄のような模様は、初夏の空に流れるちぎれ雲のように見えて、風流と言えなくもないものの、掃除が面倒であります。

ああ、こんなときに、いわゆるコロコロクリーナーがあればなぁと思った方が開発したかどうかは定かではありませんが、「どうせ使うんだから一緒にしてまえ」という潔さを感じさせる、猫毛づくろいグッズ「Groomo(グルーモ)」を見つけましたのでご紹介。使用シーンはこちら。

150613groomo

本体は、コーミング&ブラッシング用の櫛と、コロコロとが一体化。コロコロはブラッシングの仕上げに用いるもよし、周囲に散らばったフワ毛をとるもよし。特に、顔やおでこ部分の短い毛を取り除くのに便利そうです。テープの方は、市販の粘着テープも使える、一般的なサイズになっております。

わんさかたまる猫毛、そして、気持ちよさそうな猫の表情を堪能できる、プロモーションムービーで購入せずとも猫分補給が行えます。

カラーは全4色。気になるお値段は、Amazonで一つ1728円。関東への送料は450円です

櫛とコロコロが一体化した、猫毛づくろいグッズ「Groomo」猫ジャーナル
OPPO_Groomo mov1_2b[You Tube]


この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense